レイクは銀行系なのに何故審査が緩い?

キャッシングベスト3

新生銀行レイクは銀行系なのに審査ゆるいの?

新生銀行のカードローンであるレイクは、銀行系なのに審査がゆるいのですか?

せっかく作るカードローン、それならいつも使っている銀行のカードローンが欲しいと思った私は、そのまま新生銀行のカードローンがあるかどうかを調べました。するとレイクというカードローンがありまして、それを作る事にするわけですが…このレイク、銀行のカードローンという割には審査が緩く、比較的簡単に作る事ができるらしいのですね。

銀行のカードローンというか融資全般は厳しいのでそれなりに覚悟していたのですが、それが緩いと聞いて何というか、少し拍子抜けしたというか…むしろ「本当に審査が緩いの?」という疑念を抱いています。まあ厳しいなら厳しいで困るものですが、当初の予想と違う事が気になります。何故緩いのでしょうか?

そもそも銀行も極端に厳しいというほどでは無いです

意外と誤解されがちなんだけど、今は銀行の融資もカードローンなら凄く難しいというわけでは無いね。カードローンは大衆向けの融資プランだから、例え消費者金融より審査が厳しかったとしても、誰にも貸さないなんて事は無いからね?ある程度審査に関しては柔軟で、多くの人が銀行のカードローンを持てる時代なんだ。

その中でもレイクというのは、確かにちょっと特殊な生まれ方をしたと言えるかもしれないね。キミはレイクの生い立ちについて知らなさそうだから、そこから少し説明していくとしよう。すると、レイクの審査が緩めなのも分かるかもしれないしね。

レイクというのはそもそも、元は一つの消費者金融だったんだよ。だから今でも新生銀行レイクカードローンといっても、消費者金融だと思っている人が多い。現実にはレイクというカードローン名なんだけど、その経緯を知らないと、消費者金融としてのイメージだ未だに強いのも無理はないね。

レイクは消費者金融であり、その消費者金融は総量規制が決まった後、苦境に立たされていたからね。だからその経営を円滑にする為に新生銀行に全て吸収されて、今はカードローンの名前だけが残っているというわけだ。以前のレイクの契約機も使えるからレイクとしての色合いは強く残っているし、その時代からの名残で審査が大らかというのも、納得出来るだろう?

銀行カードローンでありながら、消費者金融としての名残もある。そんなカードローンがレイクであり、魅力の一つとも言えるだろうね。誰だって、作りやすいカードローンが悪いなんて思えないだろうし。

【参考ページはこちら】
レイクで借り入れをして計画的に完済をするコツとは

新生銀行レイクは審査ゆるい?を検証します

新生銀行レイクは審査ゆるい?との声を調べてみようと思います。新生銀行レイクのテレビCMは毎日一度は見かけるほど馴染みがあります。かつてのレイクは消費者金融会社の大手でしたが、2011年より銀行のカードローンの仲間入りとなりました。ですので、総量規制の対象外となり、年収の三分の一以上の借り入れも可能となっています。

早速レイクの審査については、気になる方も多いのではないでしょうか。もともと消費者金融会社であった為、個人向けとなる融資のシステムはそのまま変わらないという点があります。銀行のカードローンとはいえ、従来のレイクとは根幹変わってはいませんので、ケースによっては、柔軟な審査を行っていると言えます。その為、他では断られたのにレイクでは審査が通った方の声も口コミなどで見かけることはあります。

安定した仕事と収入がある方であれば、パートやアルバイトでも借り入れは可能です。また、年金受給者であっても可能となっています。申し込み、審査は来店しなくてもインターネット上で出来、借り入れから返済までも画面上で出来るので、非常に便利です。審査の際は、職場への在籍確認があり、勤め先に個人名で電話が入りますので注意しましょう。

銀行カードローンとなったレイクは、借り入れ額は100万円以下の場合、収入照明書が不要となっています。収入証明書を提出するのは面倒という方でも、高額ではない必要なお金をハードルを低く借りられるのではないでしょうか。急な出費や月の生活費不足を補うのに便利です。

レイクでは、初めて申し込み、借り入れをする方に向けて30日間無利息と、180日無利息(5万円まで)の無利息期間を選択することが出来ます。初回の翌日から無利息となりますので、お得に借り入れ可能です。どちらか片方を選ぶ形になるので、ホームページ上での返済シュミレーションへ入力して頂き、どちらかを検討してみてはいかがでしょうか。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2017 レイクで借りたい!業界人気No.1のカードローンを選ぼう! All Rights Reserved.