新生銀行住宅ローンのレイク審査への影響

キャッシングベスト3

新生銀行の住宅ローンはレイクでの融資審査で影響するのか?

私は新生銀行の住宅ローンを利用しているのですが、最近、母親の介護の費用でまとまったお金が必要となることが増えてきたのでレイクのカードローンを利用しようかと思っています。

新生銀行の住宅ローンを利用していてもカードローンを利用することができるでしょうか。また、レイクの審査で影響するようなことはあるのでしょうか。

住宅ローンを利用していてもレイクからの借入れも可能です

新生銀行の住宅ローンを利用している人がレイクのカードローンで融資を受けることは珍しいことではありません。住宅ローンを利用しているということは、自宅という資産を保有している、住宅ローンの審査に通過している、といった点からレイクの審査でもよい評価に繋がります。しかし、負債の総額が大きくなるのでマイナスに働くこともあり、結局はその利用者の状態次第でレイクの利用の可否が決まることになります。

30代になってきますと自宅の購入を考える人も多くなりその結果住宅ローンを抱える人が増えてきますが、それ以外にも何かとお金が必要となりカードローンの助けを乞う方も少なくありません。その場合に、住宅ローンの利用が金融会社のローンの利用に影響しないか、と心配される方がおられます。

確かにレイクでローンを新たに組むことは住宅ローンとあわせて大きな借金へと膨らんでいく可能性があり、レイクとしても慎重になる可能性が大きいと言えます。しかし、新生銀行の住宅ローンなどの場合、自宅は担保として設定されるなど資産としての評価があるので、レイクの審査ではプラスに働くことも十分に考えられます。また、住宅ローンを組む際の審査を通過しているという信用力もレイクではよい評価に繋がる可能性があります。

つまり、新生銀行の住宅ローンを利用している間にレイクを利用することは可能ですが、もちろん審査に落ちて利用できない方もいなとはいえないのです。レイクでの審査では住宅の資産価値と住宅ローンの借入残高などを考慮して、レイクから借入れできるだけの信用力と返済能力があるかが判断され融資が決定されると思われます。(こちらもご参考に→新生銀行レイクからの信用力を上げる方法

特に返済能力が重要となる可能性があり、住宅ローンを組む時よりも年収が増加していないとレイクでの借入れが希望通りに認めてもらうことが困難になるかもしれません。また、年収が下がるような転職をしている場合には審査そのものに落ちてしまう可能性が高まるので安易な転職は避けるべきでしょう。

さらに、クレジットカードの支払いなどで返済の遅れの繰り返しや長期の支払い遅延などを起こすと一気に信用力が低下しますので、支払のうっかり忘れがないように注意が必要です。こうした点が起こらないようにして信用力と返済能力を維持向上していけばレイクの審査もさほど心配する必要はないのではないでしょうか。

新生銀行住宅ローン審査レイクに通るためには

これから住宅の購入を検討している人がいますが、住宅購入の際にはたくさんのお金が必要になります。そこで多くの人は金融機関でお金を借りています。この住宅購入のためにお金を借りることを、住宅ローンといいますが、この住宅ローンの利用の際にも審査があります。

この住宅ローンの審査基準に関しては、各金融機関で基準が異なっています。また独自で審査基準を設けていると言うこともあり、たとえば審査に通らなかった場合でも、その理由を教えてくれないところが多いです。

住宅ローンに関しては、新生銀行住宅ローン審査レイクでも行っていますが、ここでも審査の基準について明確には公表していません。しかしだいたいの新生銀行住宅ローンの審査基準は、次のようになっています。ここで大きなポイントとなるのが年収に関してですが、年収の下限は具体的に決められており、前年度の年収が300万円以上と言うようになっています。

自営業の人に関しては、毎年年収が一定であるということはないので、2年平均の収入が300万円以上となっています。これらの基準はしっかりと決められており、この条件に当てはまっていないと審査に通ることができません。
(⇒総量規制ってあるけどレイクではどれくらい借りられるの?

新生銀行やこの他に金利や諸費用が安い住宅ローンに関しては、比較的審査が厳しい傾向にあります。それはなぜなのかというと、借入条件がゆるめなので、利用できる人がその分増えてしまう可能性があるので、それを防ぐためにしっかりとした基準を設けているのです。したがって周りでは審査が厳しいと言われることもありますが、これは裏返せば条件がいいと言うことになるのです。

また審査基準の中には勤続年数も確認されます。勤続年数に関しては、連続就業の期間が2年以上とされています。しかしこの時に注意したいのが、連続して働いているのであれば、その間に転職をしていても大丈夫と言うようになっています。雇用形態に関しては、契約社員よりも正社員の方が審査には有利となっています。

【参考ページはこちら】
レイクで借り入れをして完済を目指すためのコツとは

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2017 レイクで借りたい!業界人気No.1のカードローンを選ぼう! All Rights Reserved.