新生銀行のレイクの審査に合格する方法

キャッシングベスト3

新生銀行のレイクの審査に合格するにはどうしたらよいのか?

私はクレジットカードで時々キャッシングをしているのですが、金利面や使用上の利便性などからレイクのカードローンの利用に切り替えようかと思っています。ただ、利用を申し込む時には審査が行われると聞いており、合格しないのではと少し心配しています。

レイクの審査に合格するにはどうしたらよいのでしょうか。何かよい方法はないのでしょうか。

審査の通過には通常信用力と返済能力の維持向上が必要です

レイクなどの貸金事業ではローンの申し込みを受けた場合、利用の可否を判断するための審査を実施します。レイクでは審査に関する詳細な情報は公表されていませんが、申込者の年齢、職業、勤務先、勤続年数、年収といった返済能力に関する点と、借入件数、借入額、返済状況や信用事故の有無などの信用力に関する点が想定されます。したがって、審査に合格するためにはそうした点の維持向上が欠かせないのです。

レイクのホームページでは審査に関する情報はごく限られていています。その数少ない情報として「お借入れ診」がありますが、そこで質問されている年収、他社での借入額と借入れ件数が第一に重要な審査項目になると思われます。また、審査基準に関する情報として、年齢や職業などから判断する返済能力の点が示されているのでこれについても重要であることが覗えます。

さらに、ローンの利用条件として安定した収入の有無がよく示されている点から借入れの返済を支える収入、つまり返済能力が重視されていると推察できます。これらの情報に加えてネット上の口コミ情報でも、申込者の年齢、職業、勤務先、勤務先の規模・社歴、勤続年数、年収、家族構成、居住形態、といった点が審査で質問されており、やはり返済能力に関する点が重要であると考えられます。

したがって、レイクの審査に合格するためには以上のような返済能力に関する項目で良い評価を得ることが重要となります。例えば、成長産業の企業、株式市場に上場している企業、役所などの公的機関、歴史の長い企業などへの転職を行う、昇進・昇格して年収をアップさせる、収入にみあった賃貸住宅に住む、といったことを行えば返済能力のアップに繋がります。

逆に収入を下げるような転職をする、降格して給料が下がる、収入に見合わない賃貸住宅に住み替える、などのように返済能力の低下につながる行為は少なくとも避けねばなりません。つまり、収入が下がること、支出が増えることを可能な限り減らすことが求められるのです。(こちらもご参考にどうぞ→レイクでの借り入れを見直した方がいい場合

また、返済能力に関する点だけでなく、利用者の信用状況も重要です。信用の低い人へはローン会社でも銀行でもお金は貸さないものです。どれだけお金を借りているか、どのように返済しているか、返済の遅延がどうなっているか、といった信用情報は個人信用情報機関から入手できるので、ローン会社は素早く申込者の評価が行えます。

そのため、無理な借入れをしたり、借入れの支払いを滞らせたりすると信用度は一気に低下して、たとえ返済能力があっても審査で落とされる可能性も十分にあります。クレジットカードでの少額の支払いであっても遅れることなく返済を履行する、ローンの支払いも予定通りに行う、可能なら前倒しの返済する、といった行動をとれば信用力は維持向上できるのではないでしょうか。

【参考ページはこちら】
レイクのカードローンなら即日お金を借りられる?

新生銀行カードローンレイク審査基準について

他社のカードローンよりは比較的審査に通りやすいと言われているレイクですが、中にはもちろん通らない人もいます。審査基準については金融機関ごとに設けられているスコアリングシステムというものがあり、利用者の適正を判断しています。新生銀行カードローン、レイクにおける審査では、基本的な申込資格として、日本人で20歳~65歳までの安定収入がある人を条件としています。

中でも最重要課題と言えるのは、やはり安定した収入という事になります。特にカードローンの返済は長期間に渡る事が多いので、定期的に安定した収入があることが絶対条件となります。いくら現在高額な収入た勤務先、勤続年数他、居住形態、家族構成等の属性についても適正かどうかを判断します。

最も重要な審査対象になるのは、申込者の信用情報で、信用情報機関に照合します。過去の借入れ状況や返済実績、特に返済事故などのブラック記載が認められた場合は不可となってしまいます。自営業も安定した職業とは言いがたい部分がありますが、やはり自営業でも安定収入重視で、低所得であっても定期的にきちんとした収入がある場合は審査を通るケースも多いようです。

ホームページ上で借入れ診断等もありますので、事前に利用して見当をつけておく事もできます。昨今よく言われる総量規制も新生銀行傘下であるレイクでは対象外となりますので、利用者にとってはありがたいポイントと言えそうです。

また特徴的な事項として、短期間に他社に何件も借入れを行い、信用情報機関において一時的なブラックと格付けをされてしまうケースがありますが、新生銀行カードローン レイクではその種のブラックには寛大で、むしろ過去の延滞履歴の方を重視する傾向にあるとされています。他では断られたという利用者にとっては最後の砦と言えるのかもしれず、申込みをしてみる価値はありそうです。

なお、当たり前の事ですが、申込み時の虚偽記載をしてはいけません。勤続年数や収入のサバ読み等はすぐにばれる上、信用もなくす結果になってしまいます。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2017 レイクで借りたい!業界人気No.1のカードローンを選ぼう! All Rights Reserved.