気になる新生銀行レイクは総量規制について

キャッシングベスト3

気になる新生銀行レイクは総量規制について教えて欲しい

新生銀行レイクは総量規制についてどのようになっていますか?気になっているので詳細についてお聞きしたい。

銀行は総量規制対象外となっています

新生銀行レイクは総量規制についてはかかっていません。総量規制については、ノンバンク系でかかるようになっているので銀行として看板を出している以上は総量規制対象外となるのです。他にも、キャッシングローンについては基本的に総量規制対象外となっていますので、総量規制についてはカードローンなどを利用されているケースで、且つノンバンク系を使っているかどうかが重要です。

また、銀行では総量規制対象外とされていますが、イコール大金が借りられるようになっているというわけでもありません。どうしてかというと、最初の方では契約者に対しての信用があまり高くないからです。既に、新生銀行レイクでカードローンを数年で利用されているのであればいいのですが、そうではないのであれば信用については限りなくゼロの状態でスタートとなります。

ただ新生銀行レイクでは、借りられる金額が初回からでも多いと高い評価がされています。もし、複数のカードローンで数十万円を借りる予定なのであれば、新生銀行レイクだけでそのような利用が出来ないか聞かれてみると良いでしょう。また、銀行ではおまとめローンもありますが、こちらであればさらに高い金額のローンをローンの一本化という名目で借りられるようにもなっています。総量規制対象外の強みとされているローンでもあります。

新生銀行レイクは総量規制対象外のカードローン

カードローンを申し込む際に調べておきたいのが大手の金融会社のようないわゆる消費者金融と呼ばれる会社なのか、銀行が商品として売り出しているカードローンなのかです。理由は、平成20年に施行された貸金業法の一つである総量規制が適応されているかどうかで借入金額が変動します。

大手の消費者金融は貸金法での運営なのでこの総量規制が適応されます。この総量規制とは、年収の3分の1以上の借入は不可という内容です。これによって過度な借金が無くなり無理な返済も無くなるからです。逆に銀行系のカードローンは総量規制の対象にはならないです。理由は、銀行の場合は銀行法での運営だからです。なので申し込みの際に年収の制限は無いです。

申し込みの方が専業主婦の場合は、総量規制の有無に限らず配偶者の方の承諾が必要だったり、配偶者の方の収入証明書の提出が必要だったり、ほとんどの会社が上限を設けていたりしています。なので専業主婦のようにご自身に収入が無くても審査自体は可能です。

それでは、新生銀行レイクは総量規制対象外です。レイクは2011年より新生銀行の運営(新生銀行のカードローンとして今に至っています)に変わり銀行法の運営になっている為、総量規制対象外となっています。その為、先程言いました年収3分の1以上の借入も審査の結果では融資可能です。最初の融資は3分の1くらいの金額が多いですが、原則提出不要となっていますが収入証明書等の提出によってそれ以上の金額を借入できることもあります。専業主婦の方もレイクでは申し込みが可能です。

銀行系のカードローンの場合は、10人受けると2~3人ほどしか受からないので比較的に審査が厳しいと言われています。そんな中、レイクは審査が甘めで通り易いと言われています。総量規制対象外なのに即日融資も行っているのですぐにお金が必要だけど年収の問題が気になる場合は一度審査してみるといいかも知れないです。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2017 レイクで借りたい!業界人気No.1のカードローンを選ぼう! All Rights Reserved.