「事故歴があると借入できない」とは?

キャッシングベスト3

「事故歴があると借入できない」と聞きましたが、事故って?

カードローンに申し込んだところ、審査で落ちてしまいました。何故だろうと思い、同僚に聞いたところ、事故歴があると審査に通らないと言われました。事故というのはどういうことを言うのでしょうか? カードローンは初めてなので、事故と言われても身に覚えがありません。またどうしたら審査に通ることができるでしょうか?

事故とは滞納や債務整理などのことです

事故歴というのは、過去に支払いを滞納したことや、債務整理などの履歴を指します。クレジットカードや他のローンをご利用でしたら、その支払いは毎月の引き落としになっていると思いますが、その支払いが遅れたことはありませんか? クレジットカード会社と、今回申し込んだカードローン業者が別でも関係ありません。金融機関は情報を共有していますので、過去にどこかで滞納していると、新たな借り入れができなくなります。

事故の情報は一定期間、信用情報機関というところに登録されています。滞納は5年間です。自己破産は7年間ですが、迷惑をかけた当の金融機関ではもっと長い期間、情報が残るはずです。自己破産をすると、同じ金融機関からは二度と借りられないと聞きます。もしそういったことにまったく身に覚えがないとしたら、ほかの理由かもしれません。理由は教えてくれませんし、別の金融機関なら特に問題なく借りられることもあります。

5年以内に滞納した記憶がないなら、別のところに申し込んでみてください。もし支払いが遅れて催促されたことが直近であるようでしたら、もうしばらく経ってから別のところに申し込みましょう。審査には勤続年数も影響します。現在のお勤めを始めたばかりでしたら、それが原因かもしれませんので、やはりしばらくは様子を見てください。既に借金があるわけではなく、会社にお勤めの方でしたら、どこかでは借りられるはずです。

借入のとき、お金にまつわる事故があると審査に通らないと聞きました

銀行や消費者金融でお金を借りようと思った時、申込をして審査をします。その審査は、申込者の過去にお金にまつわる事故の有無を確認し、事故者とわかると審査には通らないようになっています。お金にまつわる事故とは、自己破産や個人再生の経験がある、返済の滞納を頻繁にしている、完済していない融資があるなどです。滞納は1回でも信用情報機関に載ってしまうという噂もあります。ですから、うっかり忘れも厳禁です。「わざとじゃない、ついうっかりなんです」というのは通らないということを肝に銘じておきましょう。

また、思わぬところであなたの足を引っ張る状況もあります。身分証明証を悪用され、知らないうちに誰かの保証人や連帯保証人になっている場合、本人は知らないまま信用情報機関に登録されているということがあります。思い当たることが無いのに審査に通らない事態となっている場合は、借金をしていそうな身内や家族に確認しましょう。何より、自分の大切なものは他人や家族が触れることができないような管理が望ましいですね。

結局、知らない間に保証人になっていたとしても、管理が甘い人としての審査になるので誰が悪いという問題ではないのです。金融事故とは、クレジットカードの引き落としができなかった場合も含まれます。さらに、携帯電話料金の滞納もチェックされるようです。定かなことは不明ですが、自己破産した場合は5年~10年新しいローンが組めないのが一般的ですが、その間に携帯電話料金の滞納があるとその期間が延びるというもの。ですから、何の金融事故もなく、携帯電話料金のみ滞納経験がるという場合、どのような結果になるかは運次第といいましょうか、審査の難易度によるということになるでしょう。

金融事故に思い当たる節があった場合でも、そこから誠実な暮らしを心がけます。一日一日は必ず過ぎてゆくものですね。今日から滞納のない生活をしていけば、審査に通る日は絶対やってきます。滞納に注意することも、身分証明書の管理を自己責任のもとにすることも、全ては自分が決めなければ始まりません。さあ、今日から自立した大人をはじめませんか?

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2017 レイクで借りたい!業界人気No.1のカードローンを選ぼう! All Rights Reserved.