レイクの借入で年利20%になる状況とは?

キャッシングベスト3

レイクでお金を借りるときに年利20%になるのはどんなとき?

お金が必要になってしまい困っています。アルバイト生活なので収入も少ないため、なるべく返済金額は抑えめにしたいと思います。金利がないプランがあると聞いたのでレイクにしようかと思うのですが、金利が20%になることがあるという情報も訊きまして混乱しています。レイクで借り入れたときに年利が20%になってしまうのはどんなときですか?

返済が遅れたときは延滞金として20%のペナルティーを覚悟せよ

この世の中を生きていくために必要なものは、たくさんあります。現在だとパソコンや携帯電話、スマートフォンなどが生活の必需品ですよね。そして食事や洋服も当たり前ですが必要なものです。

けれど、これらさまざまな生活必需品は、お金が無ければ買うことが出来ません。本当に必要なものというのは「お金」なのです。お金を稼ぐためには仕事をしていなければなりませんが、今、仕事のスタイルもさまざまなものがあり、誰もが正社員で働いているというわけではありませんよね。中には自分にあった仕事先が見つからず長年アルバイト生活をしているというひとも少なくありません。

アルバイト生活は、実家で家族と暮らしているという場合はあまりお金に困ったりすることは少ないですが、これがひとりで暮らしていて生価値費をすべて自分の収入で賄っているというひとには苦しい生活になってしまうという場合もあります。また、収入に応じて慎ましく暮らしていたとしても、予期せぬ病気や怪我でどうしても収入の範囲では工面出来ないような金額が必要になってしまうこともあります。

そんなときに両親や兄弟、親戚などの身内を頼ることが出来れば問題ないでしょう。しかし、誰もが家族の近くで一人暮らしをしているとは限りません。地方から出てきて実家からは遠い場所で暮らしているという場合は、すぐにお金を援助してもらうことも簡単にというわけにはいきません。

新生銀行のカードローンであるレイクなら、連帯保証人や担保を用意することもなく、少額の一万円から借りることが出来ます。利息は最大18.0%ですが無利息期間では金利がゼロになるというプランもレイクの魅力のひとつと言えます。しかし、気をつけて返済をしていかないと利息も20.0%という高い利率になってしまうときがあるのです。それは、延滞してしまったとき。つまり、返済が遅れてしまったときです。

20.0%という数字は通常設定してある最大の金利18.0%よりも、たった2.0%増えただけというふうに考えがちですが、実際の返済金額を考えるととても大きな数字になってしまうのです。新生銀行という銀行から出ているカードローンで金利がそれなりには低く済んでいるのに、返済が遅れてしまったというだけでいつも以上の金額を支払わなければならないというのは正直、もったいない話です。

しかし、計画通りの返済をしていればレイクなら金利が18.0%以上になってしまうことはありません。きちんと返すということは貸して貰う身である自分とレイクとの守らなければならない約束です。その約束をきちんと守り、低金利というメリットを有効に活用しましょう。

レイクでキャッシングをして年利20%になる時

新生銀行カードローンの「レイク」は、人気タレントを起用したテレビコマーシャルでお馴染みです。その特色は色々ありますが、何と言っても最も目を引くのは、「無利息期間」です。これには2種類あり、1つは200万円以内の借入のうち5万円分が180日間無利息になるものです。もう1つは、初めての利用で全額が30日間無利息になるものです。

また、「レイク」では店舗のみならず提携ATMの手数料も無料(借入時でも返済時でも)という嬉しいサービスを行っています。さらに、最短即日融資が可能で、電話1本で指定口座への振り込みをしてもらえるという便利さも、人気の秘密です。おまけに「銀行」という扱いになるので、貸金業法における総量規制の対象外となり、年収の3分の1を超える額を借りたり、「おまとめローン」を利用出来るのも強みです。

では、そんな「レイク」を利用するための手順を見て行きましょう。まずは「申込」です。これはインターネット・自動契約機・電話・郵送から選ぶことが出来ます。そして所定の審査を経て、次は「契約」に移ります。ここでは、運転免許証などの本人確認書類の提出が求められます。(100万円以上の借入の場合には、収入証明書も必要です。)

そうして、定められた融資限度額内での利用が可能となります。「借入」方法は前述のように指定口座に振り込んでもらうか、または店頭及び提携ATMからの出金となります。

ではここからは、「レイク」の商品データを詳しく見て行きましょう。このローンの融資限度額は1~500万円までで(1000円単位で借りられます。)、申込可能年齢は満20~70才まで、パートやアルバイトでも構いませんが、安定した収入がある方が対象となっています。担保や保証人の必要はありません。年利は4.5~18.0%です。

ただし、例外的に年利20%になる時があります。それは返済が遅れた時です。これを遅延損害金と言いますが、簡単に言えば、きちんと返済をしなかったペナルティです。このような状態になれば、返済額は増え、負担は増えてしまいますから、事前にしっかりと計画を立てて、余裕を持った返済を行えるようにしましょう。

【参考ページはこちら】
レイクでついつい借り過ぎてしまった時の対処法

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2017 レイクで借りたい!業界人気No.1のカードローンを選ぼう! All Rights Reserved.