特定項目だけで高いという判断は出来ません

キャッシングベスト3

レイクの金利が高いという口コミ情報は正しいですか

レイクの金利が高いという口コミ情報がありました。内容を読んでみるとレイクの金利の上限が18%というのがその理由でした。実際にその高い方の数字だけで他の銀行系のカードローンの金利と比べて見たら、確かにレイクの金利は高いかなと感じました。どうなんでしょうか?

特定の項目だけで高い安いという判断は正確ではありません

新生銀行レイクの金利は、年利率4.5%~18%です。高い方の金利、18%だけを他の銀行系のカードローンで比べて見ると、大手の金融会社の中でレイクの金利より安い銀行系のカードローン会社はあります。レイクの金利の特徴は、消費者金融会社の金利とほぼ同じなのです。

その為にレイクは消費者金融会社だと勘違いする方もいらっしゃいますが、レイクは銀行系のカードローン会社で、総量規制の対象外の大手金融会社なんです。そこで金利を判断する場合は、実質金利(実際に返済する時の金利)がどれくらいになるかを判断する必要があって、その為には返済内の回数や、それ以外の返済方法も係わって来ます。

その他にも、ATMの手数料が無料なのか有料なのかによっても大きく違って来ます。例えばレイクで10万円を1カ月借りると、その利息は18%だから1500円です。また、年利率15%の金融会社で借りると約1170円で、その差は330円です。ところが月に2~3回、ATMを使用するだけで無料と有料の金利差は逆転するのです。目先の数字と実質の金利とは違います。

レイクの場合、提携金融機関で無料で利用できるATMが多いという特徴があって、その為にレイクの金利は安いという情報もありますが、これは誤魔化しているわけではなくて金利と手数料と使い勝手を総合的に判断しての評価で、利用者のニーズに合った使い方をすればレイクの金利は安いんです。そして2種類の無利息ローンもあります。ですからサービス全般を見た場合レイクの金利はけして高くはありません。

なぜ高い金利を払わずにレイクを利用できるのか

キャッシングを利用する際には、できるだけ金利の低い所を選びたいものです。しかし、一般的な消費者金融では担保や連帯保証人を用意する必要がない代わりに、その分の保証費が上乗せされているのです。そういった理由から、銀行系のキャッシングと比べてやや高い金利となっています。

保証費のことを考えれば安いかもしれませんが、緊急時にちょっと借りたい時などは、金利が低いに越したことはありません。そんな時におすすめなのが、レイクのキャッシングです。ここであれば、業界最安値とも言われる4.5%~18.0%の金利でキャッシングを利用することができるのです。

なぜそのようなことが可能なのかと言うと、これは銀行が運営を行っているキャッシングだからです。消費者金融会社のブランド名と思われがちですが、2008年に買収されたことをきっかけに、新生銀行カードローンレイクという名称に変更されました。

銀行系のカードローンであるということで得られるメリットも大きいですが、元々が消費者金融だったことによる利用しやすさも残っています。具体的に言うと、審査が簡単で比較的登録しやすいのです。急ぎの物入りであれば、即日で指定の口座に振り込み入金をしてもらうことができます。

借入や返済は、インターネットによる手続きの他、銀行やコンビニの提携ATMを使用することができます。特定のコンビニであれば、手数料がかかりません。大抵のキャッシングであれば、100円程度の手数料がかかるので、一回一回の借入や返済が積み重なると結構な額になってしまいます。その点、レイクはそのような心配がありません。

銀行系であるということと元は消費者金融であったということの両方の強みを生かして、レイクには様々なメリットがあるということがおわかり頂けたのではないでしょうか。少しでも低い金利でお得にキャッシングを利用したいという方に是非お勧めしたいキャッシングサービスです。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2017 レイクで借りたい!業界人気No.1のカードローンを選ぼう! All Rights Reserved.