50万借りたら利息はいくらになるの?

キャッシングベスト3

レイクで50万借りたら利息はいくら?返すのにどれくらいかな

事業資金として少しまとまった資金が必要なので、レイクでの借り入れを考えています。事業資金を融資してくれる商工関連を当たろうかとも思ったんですが、審査にかなり時間がかかるらしいんですよね。少し急ぎなので、即日融資も可能というレイクを先に試してみるつもりです。それと、商工ローンを組むには金額が少ないので、審査の手間が惜しいという本音もあります。

必要な金額は50万円です。事業資金としてはそれほどの額ではないとは思いますが、うちのような社員三名という小さな自営業にとってはすぐに準備できる金額でもありません。それでも準備ができないと経営が行き詰ってしまうので、やはりどうしても必要なんです。

今気になっているのは、50万円を借りたら利息はいくらになるのか、返すまでにどれくらいかかるのか?ということです。これがはっきり分かっていないと、返済計画を立てることも難しくなります。50万円くらいならそれほど大きな利息にはならないんじゃ…というのは考えが甘いでしょうか?

レイクHPのシミュレーターを使ってみましょう!

商工ローン、確かに時間がかかりますよね。便利なものではあるのですが、急いでいる時には中々使いにくいのも事実。レイクは銀行系の商品にしては審査が早いし、場合によっては確かに即日融資が可能です。事業資金に使ってはいけないという制約もないので、急ぎの時にはありがたいものですよね。

必要な金額が分かっているのなら、利息の計算もしやすいですよ。利用した日数によって金利が算出されますので、まず「金利を含めていくらになるか」より、「何日間を目途に返していけそうか」という発想に転換してみましょう。たとえば50万円を実質年率18%(レイクの最大年率です)で借りたと仮定してみましょう。

その時の利息計算方法は以下のようになります。「50万×0.18(実質年率)÷365(日)」。これが「一日分の利息金額」を算出する計算です。実質年率は変動しますので、ここではあくまで仮の数字を使っていますが、計算方法は何となくイメージできるのではないかと思います。計算方法が頭に入っていた方が分かりやすいでしょう。

もっと正確に知りたいと言う場合は、レイクの公式ホームページにある、返済シミュレーションを利用してみましょう。もちろん無料ですし、数秒で作業は終わります。

また、もしもレイクでのキャッシングが初めてなら、算出できる金額も多少変わってくることになります。レイクは初めての利用者に対して、30日間か180日間、利息を0円とする方針を取っています。(こちらもご参考に→レイクカードローンの無利息サービスについてもっと詳しく)これは初めて利用する人全員に適用されますので、条件にあてはまるのならぜひご利用することをオススメします。

この利息無料期間、できれば180日であれば嬉しいのですが、5万円以上の借り入れの場合は30日間と決まっています。しかし30日間だけでも利息がかからないのなら、使うにこしたことはないですよね。返済シミュレーターも利用して、借りる前にしっかり計画を立てて下さい。お仕事が上手く行くといいですね!

【参考ページはこちら】
レイクで借りるか、三井住友銀行で借りるか、選ぶべき道は

レイクで50万円借りたら、利息はいくら支払うのか?

新生銀行レイクは、2011年に消費者金融から銀行カードローンへと転身し、より身近で安心して利用できるカードローンとなりました。しかし、まだレイクという名前から消費者金融というイメージを連想し、なかなか借りづらいという人も多くいます。ここでは、そういった方のために、レイクで50万円借りたら利息はいくら支払うのか?を徹底的に解説します。

レイクの最大の特徴に、「180日間無利息サービス」と「30日間無利息サービス」の2つの金利サービスを提供していることがあります。初回の利用のみに、このサービスを受けることができます。

どちらのサービスを利用するかは借入時に選択することができますが、注意しなければならないのは、180日間サービスには借入5万円までという上限が付いていることです。5万円を超える額については、通常の金利を支払わなければいけません。よって、5万円を超える借入の場合は、30日間サービスを利用した方が支払利息は少なくて済みます。

ではいよいよ、年率18%で50万円を借りた時の金利を計算します。5万円を超えているので、利用するサービスは30日間の方です。レイクでは通常の返済方式として、残高スライドリボルビング方式というものを採用しています。これは借入額に応じて、毎月の最低返済額を定めたものです。50万円の借入だと、最低返済額は1万2千円になり、返済回数は64回になります。支払利息の合計は26万4036円です。

月々の返済額を上げれば、金利の負担は軽くなります。例えば月々2万円の返済だと、返済回数は31回、支払金利は11万7310円になります。毎月の返済を少し頑張ることで、金利負担をぐっと軽くできることがわかります。

以上は30日間無金利のサービスを利用した場合ですが、もしこのサービスが無ければ、返済総額の差は月々1万2千円返済の場合でプラス1万8916円、2万円の場合でプラス1万1623円となります。以上が、50万円借り入れた時の金利についての詳細です。自分の収入に見合った借入と、将来を見通した返済計画が重要です。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2017 レイクで借りたい!業界人気No.1のカードローンを選ぼう! All Rights Reserved.