いつの間にかレイクで追加の借入ができない

キャッシングベスト3

いつの間にかレイクで追加の借入ができないようになっている

知らない間にレイクで追加の借入ができないようになっています。どうしてこのような事になってしまったのでしょうか?

借り過ぎか借入について期間があるだけです

レイクで追加の借入ができなくなってしまったということですが、以前からそのような状態にあったのではないでしょうか?例えば、レイクで借入が難しいという場合に別の金融業者を使われているなどの可能性が考えられます。このように、複数からでカードローンされている場合には対応が厳しいものとなります。もう1つの可能性として、単純に追加をされていないだけの可能性もあります。

例えば、借入について追加融資されたのが直近で発生している場合には、もしかするとかなりの期間でレイクで追加の借入ができなくなるというのは珍しい話でもありません。追加融資については期限があるのですが、それにともなって業者のほうでも判断されていたりします。なので、またある程度の期間で利用をされていると、レイクで追加の借入となるケースもあるわけです。

また、追加で借入ができなくなってしまった場合についてですが、こちらから申請をするという手段もあります。正確には電話連絡による相談なのですが、レイクではお客様サポートセンターを用意しているので、そちらで一度相談をされてみてはどうでしょうか?電話連絡による相談については、時間にして数分とかかりませんし、レイクであれば良いアドバイスをしてくれることも多いです。

【参考ページはこちら】
レイクのカードローンを増枠できない理由とは

レイクで追加の借入ができないケースについて

レイクで追加の借入ができないケースですが、いろいろなケースが考えられます。まずは、返済日当日です。返済期日当日の借入はできません。返済する日なのですから融資を受けられないのは当然です。返済すれば、また融資が再開されます。返済期日を遅れている場合は、もちろん借り入れはできません。

2つめは、年齢による融資停止です。レイクから融資ができる上限年齢文章が決まっています。レイクのキャッシングカードローン利用者が、誕生日を迎えてその上限年齢に達すると、その日から融資が停まります。その後は、一切借入ができなくなりますので返済のみになります。以前であれば、借入は何歳でも借り入れすることができたのですが、高齢者に対して高圧的な督促や高金利で融資するなどといったことが社会問題化になっため法律で借入ができるのは何歳までの決められている訳ではないのですが、各々のカードローン会社の自主規制により融資ができる上限年齢が定められています。

その他で追加融資ができないケースとしては、消費者金融などで考えられるのが年収の3分の1を超える借り入れをした場合です。キャッシングカードローンは審査の時だけでなく契約後も定期的に信用情報調査を行っています。この定期調査で借入額が増加していれば、融資が停まることもあります。しかし、レイクは以前は消費者金融でしたが現在は銀行系のカードローンですので総量規制は適用されませんので年収の3分の1以上の借入は関係ありません。そうなると、他社で金融関連事故を起こしていることが考えられています。

金融関連事故とは、クレジットカードが強制解約になった、カードローンの返済を滞納していて延滞の事故がついている、他社で債務整理をしたといった場合です。こうなると、信用情報機関に登録している金融機関は情報を共有していますので。その事実が発覚すれば融資がストップすることも考えられます。そうなると返済しかできなくなります。
(⇒レイクのカードローンはブラックでも借りることができる?

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2017 レイクで借りたい!業界人気No.1のカードローンを選ぼう! All Rights Reserved.