レイクは追加借入できるの?借入の仕組みはどうなっているの?

私は28歳の土木関係の会社に勤めるサラリーンですが、これまで金融会社のカードローンを利用したことがありません。最近、同僚との付き合いや彼女とのデートで時々お金が足りなくて困ることがあります。そこでレイクのローンを利用しようかと思っているのですが、その融資の仕組みがよくわかりません。

もし今レイクに10万円を借りたとしたら、その10万円を完済するまでは追加で借入することはできないのでしょうか。

レイクでは利用限度額内なら追加での借入れが自由に行えます

以前の消費者金融の時代の融資のスタイルは一定の金額ごとに契約を結ぶタイプが基本でした。つまり、10万円の融資契約を結べばその契約での追加の融資はなく、新たに借入れが必要な場合は追加の融資契約を結ぶというようなタイプでした。しかし、貸金業界の変革の流れの中でレイクでは借入限度額の範囲なら追加の借入れが自由にできるサービスを行うようになっています。

昔の消費者金融の時代では個人への融資は一定額ごとに契約を締結し貸出すものでした。金融会社によっては、申込者個人の状況に合わせて可能額を設定して融資するタイプや、10万円、20万円、30万円というような固定額を設定して融資するタイプがありました。

そして、これらのタイプではその決められた額以外の追加の融資は行われないのが一般的で、つまり、10万円の融資の契約を締結したらその借入れを完済するまでその契約で新たな借入れができないものでした。もし新たにお金が必要なら完済してから別の融資の契約を結ぶか、借入額を増やすための契約を新たに結ぶなどの手間のかかる形式が主流だったのです。

しかし、貸金業界では銀行や信用金庫などの金融機関だけでなく信販会社なども貸金事業に力を入れ始め、業界での競争が増々激しくなっており、各社は生き残りをかけたローン商品の強化に動いています。そうした影響もあって顧客の利便性の向上に繋がるサービスが各社で導入されてきており、追加の借入れが自由な融資もその一つとして採用されるようになっています。

レイクでは利用者とカードローンの契約を結ぶ際にその人の借入限度額を設定しますが、利用者はその限度額内であればいくら借入れしても自由です。20万円の限度額であれば、5万円でも10万円でも借入れできるとともに、その借入れを完済しない間に、追加で3万円、7万円といった金額を借入れすることが出来るのです。

利用者にとっては、一つの借入れの返済の途上で新たな資金ニーズが生まれても追加の借入れで対処することが出来るので本当に助かります。貸金業者の場合は、限度額の範囲で利用者が継続して借入れをしてくれるため利息収入を長期に渡って得られるメリットがあります。こうした両者のメリットもあることからこのような追加融資が可能な融資契約のタイプが増えているようです。

しかし、利用者にとっても大きなメリットはあるのですが、安易に借入れを繰り返すと借入額が限度額いっぱいまで膨れ上がり、利息の負担が増大するだけでなく返済が困難になっていく可能性もあります。便利である反面、こうしたリスクがあることもしっかり理解して活用して欲しいものですね。

【参考ページはこちら】
レイクでは増額キャンペーンも行われているってホント?

新生銀行グループのレイクでの追加借入できる?

レイクは、2種類の無利子期間を設けていることで有名です。女性の顧客の利用をしやすくするために女性専用ダイヤル(オペレーターの方が全員女性です)も設けていたりと利用がしやすくなっています。(こちらもご参考に→女性にオススメレイクの「レディースローン」

レイクに限らないですがカードローンの借入には限度額が設けられています。初回は、低い金額に設定されることが多いです。その金額範囲内なら出し入れ自由になっています。しかし、急な出費で追加借入が必要になった場合がありますよね?そんな時にレイクではどうしたらいいかを説明します。

まず、追加借入できる?という疑問には使用状況によって可能です。限度額以内の場合の借入は持っているカードでATMや振込で可能です。問題は限度額以上の追加借入です。

レイクの場合は、インターネットの個人ページでログインすると増額が可能かどうか確認できる機能があります。ここで増額可能な場合は申請すると簡単な審査の後に1~3日後に結果が通知され増額可能な場合は増額されます。ここのページ以外でも担当者から増額案内の電話がかかってくることもあります。もし、このページで増額がいたしかねますという表示が出てもコールセンターに電話し直接、増額相談をすることも可能です。

しかし、増額の際に注意が必要なのが再審査です。申し込み時より属性が下がっていないといいのですがもし変更点がある場合(勤務先変更による年収減少など)は増額ではなく限度額引き下げになったりすることがあります。追加借入を考えている場合は、属性が下がっていないかなども確認してからではないと危険な場合もあります。

他には契約して最低6カ月経過しているか(1年以上の方が望ましいですが)、カードローンを定期的に利用しているか、返済の遅延はないかも追加借入に大きく関わります。これは、レイクと顧客の間に信頼関係があるかの問題です。逆にいうと契約6カ月未満は追加借入は難しいです。定期的に借入・期日通りの返済をしている人の方が優良顧客になります。返済遅延がある人は返済能力がないとみなされ再審査で金額が下がる可能性もあります。

このように追加借入は不可能ではないですが場合によっては否決されてしまうので考えてから申請することが重要です。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2017 レイクで借りたい!業界人気No.1のカードローンを選ぼう! All Rights Reserved.