レイクの利用額の上限の増額範囲とは

キャッシングベスト3

レイクのカードローンの利用額の上限はいくらまで増額できるのか

私は33歳の金属加工業に勤める工員ですが、半年前にレイクのカードローンを利用し始めました。申込時のローンの利用枠の上限は20万円なのですが、3カ月後に妻が出産する予定で何かとお金が必要になりそうなので限度額を増額できないかと思っています。

レイクのカードローンの利用額の上限はいくらまでなら増額できるのでしょうか。また、増額できるために注意しておくことは何かあるでしょうか。

利用限度額の上限の増額は利用実績などで決まります

レイクなどのカードローンの利用に慣れてくるとその便利さからついつい借入れが増えていき、利用限度額いっぱいまで借りてしまうこともよくあります。そうなると利用枠の上限を増額させたいというニーズが生まれるのですが、現状より増額できるか、いくらまでなら増額できるかは、その利用者の利用実績と信用状況が影響するため、適切な借入れと返済の実行と信用事故の防止が重要になると思われます。

レイクの貸付条件では、利用額の範囲は1万円~500万円となっており、満20歳~70歳までの人ならその範囲の中で融資を受けることができます。しかし、その借入限度額はその申込者の信用状況や収入などの返済能力によって設定され、いくら500万円の借入れを希望しても20万円しか借りることができないということもあります。

そして、契約時に定められたその利用限度額はある程度の期間を経ないと増額できないのが一般的で、レイクの場合は早くて半年ほどの期間が必要であるとネット上の情報などから推察されます。利用枠の上限を増額する場合のルールなどはレイクで公表されていないため、1回でいくら上がるか、いくらまでなら上げられるかなどはまったく不明です。

しかし、そうした増額そのものの可否や増額の範囲などは各利用者の状況に応じて決まるものと思われます。例えば、同じ限度額が20万円の人が複数人いても、ある人は10万円、別の人は20万円各々増額できた、というような違いが普通に生じるのです。特に利用限度額が少額で利用期間の短い人は大幅な増額は一般的には難しいとみられています。

なぜなら、半年ほどの期間で収入や信用状況が劇的に向上することはそうそうあることではないからです。しかし、もし転職して大企業に勤め収入が大幅にアップしたり、公務員になって収入がより安定したり、或いは転職しなくても昇進して収入が増加するようなことがあれば、限度額の大幅アップも夢ではないかもしれません。

レイクの場合は限度額の増額が可能な対象者にその案内を同社サイトの会員ページやメールで行っていますので、増額の機会を把握しやすくなっています。しかし、先ほどの大幅な収入アップに繋がる事実が発生しているならレイクからの案内を待たずに増額申請するのも悪い選択ではないでしょう。(こちらもご参考にどうぞ→レイクはネットから増額申請もできるってホント?

ただし、収入面の向上の事実もなく、レイクでの適度な借入れと返済の実績も少ない状態で増額申請してしまうと、増額審査で逆に悪い評価が下され、限度額が減額されるという希望とは反対の結果になってしまう可能性もあります。急ぎ過ぎることは避け、自分の利用状況、信用状況や収入状況をよく確認してから増額申請を行うほうがよいのではないでしょうか。

「上限はいくらまで」などレイクの借り入れで気になる5つの質問

テレビコマーシャルなどでもよく見かけるレイクは、30日間であれば無金利で借り入れができるサービスなどを展開しています。また一定額であれば期限を決めずに金利を設けないというプランもあるので、金利を余計に支払いたくないという場合などには非常によい業者と言えます。

そんなレイクの気になる部分を徹底的に開設します。まずは「上限金額」についてです。上限はいくらまであるのかと言うのは、借りる人ならだれでも気になる部分です。単純に言えば500万円ですが、それは最大限度額のことです。実際は収入や借り入れの経験に応じて借りられる金額の上限には差があります。

その「上限金額が変動するか」という質問に関しての答えは「YES」です。何度も借り入れを繰り返し、返済をしていくことによって“信頼度”が上昇していくわけです。“いくら貸してもきちんと返済してくれる人だ”と考えられるようになり、同時に上限金額も上昇していくわけです。
(⇒限度額超だとレイクで増額することはできない?

「申し込みには何が必要か」と言われれば、身分を証明できるものであれば何でも良いというのが答えになります。“氏名”“年齢”“住所”が確認できるものであればなんでも良いので、保険証や運転免許証などがこれに当てはまります。

もしもこうした身分証を所有していない場合にも借りることができるのです。公共料金の支払書と住民票、そして印鑑証明証があれば身分証の代わりとして提出することができるのです。身分証明証がないからといって不安になることはなく、いくらでも代替品が用意できるのです。

「パートやアルバイトは借りられない」と考えている人もいますが、これに関しては「NO」と言えます。正社員でなければ融資を受けられないというのは間違いで、パートやアルバイトであっても収入を安定して得ることができていれば問題なく融資の対称となるのです。

レイクでの借り入れは色々な人・状況に対応しているので、諦める前にまず相談してみることが何より重要といえるでしょう。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2017 レイクで借りたい!業界人気No.1のカードローンを選ぼう! All Rights Reserved.