レイクで増枠できないかどうかを知りたい

30代の中堅アパレルメーカーに勤めている男性です。現在レイクからの借り入れがありますが、来月で完済予定です。これまで“レイク一筋!”と言ってもよく、レイク以外で融資を受けたことはありません。

もともと消費者金融はあまり利用しないのですが…。で、レイクとの付き合いは半年ぐらいでしょうか…。返済ももちろん一度も延滞したことはありません。「そろそろ増枠できないかなあ~」って思っているところなんです。

レイクで限度額の増枠はできないのでしょうか?

もちろんレイクでも増枠可能です

「レイクでそろそろ増枠できないか」って考えているわけなのですね。わかりました。お答えしましょう。レイクでももちろん増枠は可能です。また、自分から増枠を申請することもできますよ。

一般的に言って、半年から1年間くらい借り入れと返済の実績をきちんと積めば、レイク側から増枠のお知らせが来ると思いますよ。ただし、返済を一度も遅延せず、また滞納も無しとの実績が増枠の条件になります。

また、仮に1年間以上きちんとした実績を積んでもレイク側から増枠の申し出が無いこともあります。増枠についてはレイク側の事情も絡んでくることがあるのです。

とまれ、あなたの場合はレイク一筋であり、他の金融機関からの借り入れもなく、かつ返済についても一度も延滞したことが無いようなので、今後このままの状態で実績を積んで行けば十分に増枠の可能性はあると思います。

先にも触れたように、自分の方からレイクに増枠の申請ができます。その方法は、まずお客様専用フリーダイヤルから問い合わせをしてみましょう。

レイクでは、増枠の対象となる利用者のみに対して、レイクの会員ページで案内しているシステムを実施しています。それを確認すれば、自分が増枠可能な状態にあるかどうかが分かります。

そのリストに自分の名前がある場合には増枠される可能性は高いと言ってよいでしょうね。とまれ、増枠申請をすると、もちろん増枠の審査を受けなければなりません。

増枠の審査については、新規融資の際の審査よりも厳しめになるようです。そして、レイクでももちろん例外ではないようです。それゆえ、増枠の審査にパスして初めて増枠が決まります。

この際に注意しておきたいことは、先の借り入れと返済の実績と他の消費者金融からの借金が無いことに加えて、クレジットカードの利用も厳しく調べられます。もし、クレジットカードの利用が多かったりすると増枠が見送られてしまう場合があります。

また、新規融資から1年以上経ってからの増枠申請では、年収が少しでも増えていないと増枠されないこともあると思われます。逆に年収が減ったりすると実績を積んでいても返済能力にやや不安ありと見做されて増枠が見送られてしまうとも考えられます。

とまれ、レイクで増枠できないかどうかの審査においては、増枠しても返済能力が十分かどうかが問われると考えておけばよいでしょう。

レイク増枠できないかレイクに電話して相談する

レイク増枠できないかを相談する人はとても多くいます。その理由は限度額が収入と比較して低いということであれば増枠はとても簡単に行っていくことが出来るからです。レイクの専用番号に連絡すればオペレータが親切に相談に乗ってくれます。オペレーターはとても多くの人に利用されているレイクのことを全て把握しているとも言える存在です。

同じようなケースをもとに増枠の審査などをすぐにしてくれます。基準を満たしているということであれば、とても大きな増枠をしてもらうことも可能です。まずは収入がきちんとあることが大事です。収入があるということであれば限度額はどんどんと引き上げてくいことが出来ます。お金を借りるということは、返済するということを同時に意味しています。

つまり返済能力があることをきちんと証明することが必要になります。返済することが出来るのを証明するには収入証明などを提出すれば良いだけですが、増枠ということになるとその他にも今までの利用履歴をもとに判断されることになります。例えば支払期日を過ぎて返済していることや返済に関する催促をされている場合はとても難しい状況になっていきます。

そもそも返済していることを証明することが出来て、初めて限度額を引き上げっていくことが可能になります。多くのお金を借りたいということは、それだけ大きな金額を継続的に返済していくことが出来るということを示す必要性があります。普通に借りるということでも収入証明が必要な金額になると厳格審査に切り替わるとされています。

つまりとてもクリーンで収入も安定している人以外は借りることが出来ない領域になるということです。レイク側もきちんと色々な点を考慮して審査に関する基準を設けています。とても少ない金額からの引き上げはとても簡単ですが、大きな金額ということになればそれだけハードルはとても高いものになっていくことを知るのも大事です。返済能力が基準となっていきます。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2017 レイクで借りたい!業界人気No.1のカードローンを選ぼう! All Rights Reserved.