限度額超だとレイクで追加借り入れは無理

キャッシングベスト3

限度額超だとレイクでは追加借り入れが不可能ですか?

39歳の男性です。地方の食品会社で働いています。ところでレイクで追加借り入れを考えているのですが、仮に限度額超となっても借り入れは可能なのでしょうか?

もし、限度額超での借り入れができなければ、どうすればさらに借り入れが可能となるのでしょうか?教えて下さい。どうぞよろしくお願いします。

レイクは限度額超だと追加借り入れはNG

レイクで追加借り入れするのは可能です。すでにカードローンに申し込んで審査に通って専用カードを持っているのであれば、レイクのATMや近くのコンビニのATMで追加借り入れが簡単にできます。

その他には、インターネットから追加借り入れを申し込んだり、電話で申し込む方法、また直接店舗に出向いて追加借り入れを申し込むことができます。ただし、追加借り入れは、あくまでも融資限度額内であり、限度額超の場合だと追加借り入れはできなくなります。

また、限度額を超えていなくても追加借り入れができない場合があります。それは返済の遅延を繰り返したり、滞納した場合には限度額にまだ余裕があっても追加借り入れを断られることがあるのです。

それゆえ、追加借り入れを希望するのであれば、まず返済をきちんとすることが大切なのです。一方、限度額超になると追加借り入れはできなくなるので、限度額超でも追加借り入れを可能とするには、限度額それ自体を増額してもらうしか方法は無いと考えられます。

レイクでももちろん限度額の増額は可能です。増額をしてもらうには、借り入れと返済の実績を1年以上きちんと積むことがなによりも大切になります。その際には、一度も返済の遅延や滞納が無いことが絶対条件になると思われます。

そのような実績を地道に積んで行けば、レイク側から増額のお知らせが届きます。また、自分の方からも増額の申請ができます。レイクの公式HPの会員ページでは、増額可能な顧客に対する案内をしているので、そこで確認すれば増額可能かどうかが分かりますので、もし増額リストに自分が載っていれば、そのまま増額申請の手続きに移って下さい。

また、お客様窓口のフリーコールに電話をかけて増額申請に関する相談もできますよ。とまれ、増額申請には返済の実績に加えて、さらなる年収の上積みも大切です。

なぜなら、増額申請の審査では、返済能力の再確認と返済能力のさらなる上積みがあるかどうかを審査されるからです。他方で、レイクでは限度額超の場合は追加借り入れはできないと考えて下さい。

レイク追加借り入れを断られるのは、ほとんどが限度額超の場合?

借り入れをしても、追加でお金が必要になってしまった場合に追加でお金を借りることを追加融資と言います。レイクの場合は、一度カードを作成してしまえば、もし追加で融資を受けたいときでもレイク提携のATMや近所のコンビニでお金を引き出すことができます。インターネットや電話、直接店舗に出向くことで借りることもできます。知り合いに偶然遭ってしまうのは嫌という方はインターネットで誰とも顔を合わせずにお手続きする方法が便利です。レイクはたくさんのお手続き方法があるので、一番便利な方法を選ぶことができます。

レイク追加借り入れを断られる場合はどんな場合でしょうか。そのほとんどは限度額超えで借り入れようとする場合のようです。レイクキャッシングには借り入れる金額に制限があります。その制限とは「借入限度額」と「総量規制」によるものです。「借入限度額」とは債務者の返済能力に応じてキャッシング会社がいくらまで貸付できるか決めている金額です。人により金額は様々です。限度額が30万円の人は、30万円以内なら何度でも借り入れと返済を繰り返し利用することが可能です。

「総量規制」とは借り入れできる総額を制限した法的規制です。貸金業者からの借り入れは年収の3分の1までとすると法律により定められています。つまりすべての貸金業者からの借入を合わせて、年収の3分の1以上は借りられないと言うことです。限度額の増額をしたい場合でも、年収の3分の1以上は借りられませんのでご注意ください。

以上のように、追加で融資を受けたい場合には、借入限度額を超えないことが大事です。限度額以内の金額であっても、勤務先の変更を届け出ていなかったり、返済をしばしば遅延しているなどがある場合は断られてしまいます。追加でお金を借りたいときに借りるためにも、キャッシングには限度額があることを理解しておきましょう。現在の借入額や限度額を把握しておき、計画性を持ちましょう。レイクのキャッシングはルールをきちんと守っておけばとても便利なカードです。
(⇒レイクで借り入れ限度額を増やす方法とは

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2017 レイクで借りたい!業界人気No.1のカードローンを選ぼう! All Rights Reserved.