新生銀行レイクとは全然関係のない会社です

キャッシングベスト3

アフラックのレイク会長って新生銀行レイクとどういう関係?

アフラックという名前の会社の記事の中にレイクって言葉がありましたが、これって新生銀行レイクとなんか関係があるんですか?業務提携したんでしょうか?それとも子会社なんでしょうか、もしかしてレイクが業務拡張中だったら、キャンペーンの様なものするかもしれないので条件が良ければ、レイクでカードを作るのを止めてアフラックで作ろうかなと思いましたが、アフラックって、カード会社なんですか?

新生銀行レイクとは全然関係のない会社です

アフラックというのは、アメリカに本社のある保険会社です。日本にも支社があります。アフラックの記事の中のレイクというのは確か人の名前で、アフラック社の日本支社の代表者の名前だったと思いますよ。そういうわけですから新生銀行レイクとは、まったく関係のない会社です。

アフラック社は、悪意のある会社ではありませんが、最近は大手消費者金融会社の名前を使って営業する違法営業の情報もありますので気をつけてください。新生銀行レイクのサービスの種類は、レイクホームページに全て掲載されており内容についても、詳しく紹介されていますので、そちらからご確認ください。

ちなみに新生銀行レイクは業界トップクラスの大手金融会社で銀行系のカードローン会社です。しかも二種類の無利息ローンサービスをしているのはレイクだけです。(こちらもご参考にどうぞ→レイクの金利は高いっていう口コミはホント?)大変サービスも充実して安心できるカード会社ですのでレイクでのご利用をご検討中でしたら是非お勧めします。

アフラックレイクの基礎知識とその概要について

アフラックという言葉を聞いたことがある人がたくさんいますが、これは保険会社の略称となっています。実際にはアメリカに本社がある保険業を行っている会社のことで、アメリカンファミリーライフアシュランカンパニーオブコロンバスといいます。

この会社は生命保険や医療保管に関しての販売を行っている保険会社です。日本にも支社があり、2005年からは対外的な通称として、アフラックというように統一されました。アフラックレイクは、アフラックの日本代表を務めているのがチャールズ・レイク氏であるということからきています。

チャールズ・レイク氏は、アフラックにおける日本の代表者、会長であり、アフラックの日本における業務を行うために対外関係や戦略的イニシアチブや公共政策に携わっています。今までも日本の中で副社長や社長などとして日本での業務における責任を負ってきました。1990年から1994年にかけては、アメリカ通商代表部に勤務しており、数々の国との二国間協議にも関わってきました。

近年はアフラックは日本郵政との提携の強化を行っています。したがってガン保険を郵便局で販売することを行ったり、新たな内容のものを開発したりしています。

アフラックは1974年の設立時には、日本初のガン保険の販売を行っています。その後ガン保険などの医療保険分野で業界シェアナンバーワンとなっています。現在の社員数は4037人となっています。

日本では医療保険の市場はとても少なくなっています。それは国民皆保険が行き渡っているからです。しかし規制緩和が推進されることにより、今後は混合診療が解禁されることも予想されます。このようなことを見据えて、日本優性との連携強化を行っているのです。特にかんぽ生命の個人保険の契約数は国内で一番となっています。今回の提携によって、アフラックの代理店でも、かんぽ生命の保険の商品を取り扱うことができるようになるのです。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2017 レイクで借りたい!業界人気No.1のカードローンを選ぼう! All Rights Reserved.