レイクと新生銀行とで借りるのは違う?

キャッシングベスト3

レイクと新生銀行からでは融資を受けるのに違いがあるの?

レイクは消費者金融なのに、新生銀行のカードローンを提供していますよね?新生銀行だって銀行なら融資を用意しているはずです。

その場合、わざわざレイクから借りずとも、新生銀行から融資を受けた方が良いのでは?と私は考えているのですが、どうでしょうか?この考え方って間違っているのでしょうか?レイクを結構使っている人が多くて、私もこれからカードローンを作ろうかと考えているので、レイクが新生銀行よりも選ばれていたりするのか、気になってしまって…。

レイクと新生銀行からでは、融資を受けるにしても違いがあるのでしょうか?カードローンを持たぬ故の無知かもしれませんが、この答えをどうか教えて下さいませんか?

そもそも新生銀行にはレイクしかカードローンは無いです

せっかくの銀行融資なのに何で消費者金融のレイクなんて用意しているの?という事ですよね。まず大前提での話なのですが、レイクが消費者金融からの融資になるという事自体が違っています。レイクは今では銀行からの融資扱いになっていますので、消費者金融から借りているという風にカウントはされないのです。(こちらもご参考に→レイクのカードローンはサラ金じゃないってホント?

それにしても何故新生銀行がわざわざレイクというカードローンを取り扱っているかですが、これは『新生銀行にはレイク以外のカードローンが存在していないから、という事なのです。新生銀行からの融資プランについて、良く調べてみて下さい。カードローン=レイクとなっており、これが答えというわけですね。

つまり、レイクというのは消費者金融名では無く、新生銀行が取り扱うカードローンの名前となっているのです。銀行カードローンの名前というのなら、当然銀行のカードという事で間違いはありませんし、消費者金融であるわけがありません。レイクの旧来の店舗も使えるのですが、そこも新生銀行レイクという形になっているはずです。上手いこと新生銀行がレイクを活用して発展したという感じですね。

だから、新生銀行のカードローンを作りたいというのであれば、それは即ちレイクを作るという事に他なりません。レイク=消費者金融と思っているうちは紛らわしいですが、レイク=新生銀行のカードローン名と覚えれば、さほど抵抗はありません。消費者金融の頃の便利さ、銀行の安定感を備えたカードローンになったというわけですね。

なので、レイクから融資を受けるのも新生銀行から受けるのも今では変わりません。どちらも結局は銀行から借りているのです。

レイクと新生銀行の関係性はとても深いについて

レイクと新生銀行の関係性はとても深いものがあります。こうしたレイクの関係性をきちんと理解していることが大事です。そもそもレイクという会社は新生銀行に吸収される形で無くなっています。そのためレイクは新生銀行の融資サービスという捉え方が正確なものになっています。

フリーローンサービスを活用する上において、今まで使われていたブランドを活用する目的で、レイクという名前を使っているだけです。そのためレイクを利用している人は、新生銀行のローンを活用していることになります。消費者金融を利用しているわけではないことをきちんと認識しておくことが大事です。

銀行からお金を借りていることになるので安全性はとても高いものがあります。お金を借りるということは、とても大きな価値があります。新生銀行を利用するということであれば、色々なことをきちんと確認しておくことが大事です。様々なサービスを展開していることもあり、こうしたサービスはとても重要なものになっています。

安定的な収入があるということであれば、継続して利用することが出来ます。新生銀行というきちんとした銀行が行っているサービスということもあり、知名度も高いものになっています。認知度が高いことはとても大事です。急いでいる人であればその日のうちに口座に振り込んでもらうことが出来るサービスなどもあります。すぐにお金を振り込んでもらえるということもあり、こうしたサービスをきっかけに利用する人も増えています。他社に負けていないところはやはり利便性がとても高いということです。

お金を借りる時は大体すぐに借りたいものであり、こうした需要をきちんと察知して実行してくれるレイクはとても頼れる存在でもあります。社会人であれば季節によっても色々な出費があるものです。すぐにお金を借りることが出来ることは、とても大きなメリットがあります。利便性の高さはとても重要なものであり、欠かせないものです。

【参考ページはこちら】
昔のレイクの金利、今のレイクの金利、違いはある?

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2017 レイクで借りたい!業界人気No.1のカードローンを選ぼう! All Rights Reserved.