自己破産者はレイクで借りられないと考えて

キャッシングベスト3

自己破産者でもレイクなら借入できるでしょうか?

日雇い派遣のフリーターです。37歳の男です。実は4年ほど前に、多重債務に陥り自己破産したんです。それ以来、金融機関からお金を借りたことはありませんし、また申し込みもしたことはありません。

が、すでに4年も経っており日雇い派遣とは言え、収入もきちんと確保できているので今度レイクを利用してみようかと考えているのです。そこで自己破産者でもレイク借入は可能でしょうか?教えて下さい。

自己破産者はレイク借入は無理と考えて下さい

そうですね…ある口コミでは自己破産歴があってもレイクで借入できたとの体験談はあります。が…これは極めて稀なケースと考えてよいでしょうね。なぜなら、レイクを始めとした銀行系の大手消費者金融では、自己破産や任意整理、代位弁済等の債務整理を経験していると審査に落とされる確率がすごく高いと言えるからなのです。

大手銀行がバックについて運営していることから、レイクでは審査が厳しくなりました。また、金融ブラックである方は、信用能力がゼロに等しいと見做されますから、仮に返済能力にパスしても、もう一方の信用能力はパスできなくなります。

そして、融資を受けるには、両方の能力審査にパスしなければならないのです。さらに言えば、債務整理の中でも自己破産は特に厳しい目で審査される傾向が否めないのです。

自己破産してしまうと自己破産者名簿等の公的な情報に名前が載ってしまうことで社会的信用力は大きく失墜してしまいます。そして、そのような人にお金を貸すのはあまりにもリスクが大きいと見做されてしまうことになるのです。

仮にレイクが自己破産者に対して融資を認めるとすれば、免責が決定済みであり、かつ自己破産してから少なくても5~7年以上経過していることが条件かと思われます。

なぜなら、自己破産になると信用情報機関に金融ブラックとして5~7年くらい記録が残ってしまうからなのです。そして、レイクでは審査の際に必ず信用情報機関に与信をかけて調べます。

その際に金融ブラックであると100%融資を断ります。以上の指摘から、「自己破産者でもレイク借入できる?」との問いにはNOと答えておく方が賢明と考えられます。

【参考ページはこちら】
日雇い派遣の人がレイクを利用できるのはどんな場合?

自己破産者でもレイク借入はできるのか調べてみよう

お金を借りる方法も多くの種類がありますが、急いで融資を必要としている場合はカードローンはとても便利な存在です。来店できない場合でもインターネットからも申込ができますし、審査結果も短時間でわかり、その日にも融資が可能です。

カードローンを利用する場合は、まずは業者を選んでおく必要がありますが、消費者金融は対応が早いことで知られていますし、銀行のカードローンはより低金利で、総量規制対象外となっていますので、より多くの借入をしたい場合などにも便利です。より低金利で借りたいという方や、より多くの金額を必要としている場合は銀行を選んでみるのも良いでしょう。

銀行のカードローンも様々ありますが、特に新生銀行カードローンのレイクは優れたサービスを提供していることで知られています。500万円までの融資を受けることができ、低金利で、初めて利用する方の場合は2つの無利息ローンが用意されています。即日振込みにも対応しており、コンビニのATMからも利用できるなどとても利便性の優れたサービスです。

そして、レイクを利用するにはまずは審査を受ける必要があります。審査をクリアしないことにはレイクのサービスを利用することができません。来店せずともインターネットから融資を申し込むことができますので、本人確認書類などを用意しておきましょう。

レイクは主婦や主夫の方にもパートやアルバイトなどで安定した収入があれば、申込ができますが、過去に債務整理を行っている場合などは審査にクリアできるかどうかは気になるところです。自己破産者でもレイク借入ができるのかということとなりますが、破産してまだ間がない場合は、信用情報にその記録は残っていますので、融資を利用できるのは難しいと言えます。

過去に自己破産をされている場合でも、すでに何年も経っていて、現在の借入状況などに問題がない、安定した収入がある場合であれば申込ができる場合もありますので、まずは簡易審査で借入可能か確かめてみると良いでしょう。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2017 レイクで借りたい!業界人気No.1のカードローンを選ぼう! All Rights Reserved.