繰り上げ返済を意識してやって行きましょう

キャッシングベスト3

レイクで借り入れをして完済を目指すためのコツはありますか?

23歳の会社員の男性です。レイクでカードを作って借り入れをして約1年になります。返済はちゃんと続けていますが、時々借りたりしているので最初の予想していた返済計画よりも完済まで時間がかかりそうです。一度利用限度額の増額をしてもらったので現在は利用限度額は80万円まで利用出来ます。でも借り入れているお金は約50万円なので実際借り入れの出来る金額は30万円です。この借り入れを少しでも早く完済する為のコツはありますか?

無理しない範囲内で繰り上げ返済を意識してやって行きましょう

カードローンは、どこのカードローンもそうですが、借り入れは利用限度額の範囲内であれば、いつでも、何回でも出来ます。でも返済は月に一度だけという人が多いです。でも返済も借り入れと同じで、いつでも何度やってもいいんです。そして約定返済日に返済した以外に返済する繰り上げ返済を意識的にすれば、元金は思っているよりも早く減らす事が出来ます。

月々決まった期間内に返済する約定返済の場合は返済した金額から先に利息に充当されますが、繰り上げ返済は元金に充当されます。ですから利用者には有利な返済方法なのです。だからコツは、運転資金に無理のない範囲内で、少しでも余裕が出来たら繰り上げ返済を意識的に使って返済していく事です。そうすれば完済に早く近づく事が出来ます。あなたの生活に無理のない範囲内で頑張ってみて下さい。
(⇒レイクの借り入れ金額を一括で返済した場合

借金を完済していなくても、レイクなら追加借り入れができます

今現在キャッシングでお金を借りて返済している人でも、急にお金が必要になることはよくあります。例えば家族が急病になって手術代や治療費が必要になったとか、急に引っ越すことになって引っ越し費用が必要になったとか、日常生活の中では急な出費が重なることはあるものです。このよう時、返済途中でも追加の借り入れはできます。

今借りているお金を完済しなければ、新たに借りることはできないと思い込んでいる人がいますが、そんなことはありません。利用限度額以内なら追加借り入れは可能なのです。新生銀行グループのレイクでは一度カードを作っておけば、提携のATMや近所のコンビニなどで追加のお金を借り出すことができます。

ただし、レイクでも追加借り入れができない場合があります。現在借りている分についての返済が滞っていたり、何度か催促されていたりする場合です。そのような人は信用度が落ちているので、新たな借り入れは断られることがあります。また申し込んだ時に虚偽の申告をしていた場合も断られます。現在借り入れがあって返済している人は、毎月きちんと返済をすることが大切なのです。

また、総量規制で借りられる金額をオーバーしている場合にも追加の融資は断られます。総量規制というのは年収の3分の1までしか借りることができないという決まり事です。年収が150万円の人なら50万円までしか借りることができません。利用限度額が50万円ですでに借りている場合は、総量規制をオーバーするので追加で借りることは不可能です。

総量規制というのは貸金業法で運営されている消費者金融が対象となっています。レイクのように銀行業法で運営されている金融会社は対象外ですので、レイクを利用している人は年収の3分の1という規制に関係なく、追加で借りることができます。(こちらもご参考に→総量規制対象外の新生銀行レイクカードローン)理想的なのは現在借りている分を完済してから、新たに借りることです。すでに完済しているので信用度が上がりますし、利用限度額が広がる可能性もあります。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2017 レイクで借りたい!業界人気No.1のカードローンを選ぼう! All Rights Reserved.