レイクの借り入れには総量規制があるの?

キャッシングベスト3

レイクの借り入れ可能額にも総量規制はありますか?

レイクからの借り入れであっても、総量規制はやはりあるのでしょうか?

今から消費者金融で借りようとしている身であれば、総量規制は気になるところですよね。総量規制があるおかげで年収の三分の一までしかお金を借りる事ができませんので、地方暮らしで低収入の私にはなかなか辛い決まり事です。私の場合、最大で借りる事ができてもおよそ90万くらいでしょうか…年収がバレてしまいますね。

でも消費者金融の中には何故か総量規制が関係無い業者も存在しているという事で、今はそこを探しています。レイクはちょうど私も良く聞く消費者金融なので、総量規制が関係しているかどうか、教えてもらいたく思っているのです。レイクでも総量規制が借り入れ可能額に影響しているのかどうか、お答え願います。

レイクは実は総量規制対象外です

レイクは昔から存在している金融業者で、一時期大きく数を減らした消費者金融の中でも有名ですよね。消費者金融の中で有名という事は当然消費者金融としての法則が当てはめられますので、総量規制はあって当たり前…誰もがそう考えるところです。

しかし、以外かもしれませんが…レイクは総量規制の対象外になっているのです。消費者金融の代表格と言っても過言では無いレイクが何故規制に当てはまらないのか?気になりますよね?もちろんきちんとお答えいたします。

レイクは消費者金融として単独で存在しているわけでは無く、新生銀行のサービスブランドという位置づけになっています。先ほどお話ししたように一時期消費者金融は規模を縮小し、その流れで銀行の傘下に加わる業者がとても多かったのです。大手のレイクでもそのまま営業を続ける事は厳しかったのか、今では新生銀行の仲間入りを果たしているというわけです。レイクというブランド名は残っていますが、むしろ銀行の提供するサービスというところです。

そして銀行からの融資は総量規制の対象外であり、レイクが新生銀行が提供するサービスというのなら、このレイクも規制の対象にはならない、という事ですね。結論で言えば簡単で分かりやすいのですが、今でもレイク=消費者金融と考える人ばかりであり、このレイクの隠れた強みとも言える特徴は、理解されていないのです。

だから、あなたの場合は90万が限度だったとしても、レイクから借りるならそれ以上を希望する事ができます。でもレイクもたくさん融資するなら結構シビアな審査をしますので、絶対では無いのに気をつけて下さいね。
(⇒レイクで借りるメリットだけじゃなくデメリットにも注目!

レイクのキャッシング借り入れ可能額と申込条件

レイクのキャッシングは、満20歳以上70歳以下の方で安定した収入のある方であれば申し込むことができます。パート・アルバイト・派遣社員の方でも、勤め先と勤務状況が安定している方であれば申込み可能です。また、主婦や自営業の方でも、一定の収入があれば申込することができます。ただし、短期派遣など勤め先が一定でない場合や、申込みした時点で仕事に就いてない場合は、申込みできない場合があります。(こちらもご参考にどうぞ→なぜかレイクで借り入れができない…どうして?

キャシングの申込み方法は、フリーダイヤルのほか、パソコン、携帯電話から24時間いつでも申込みすることができます。申込みする際には本人確認書類が必要となります。本人確認書類は運転免許証のほか、有効期限内の健康保険証・パスポート・在留カード・特別永住者証明書(外国人登録証明書)のうち1点を用意する必要があります。

また、本人確認書類に記載されている住所が現住所と異なる場合は、現住所が記載されている書類も一緒に用意する必要があります。現住所が記載されている書類は、ガス・電気・水道・NTT・NHKなど公共料金の領収書のほか、住民票の写しや印鑑証明書など、いずれも発行日から6ヵ月以内のものに限ります。

レイクのキャッシング借り入れ可能額は500万円までとなっています。レイクは原則、収入証明書が不要でキャッシングを申し込むことができますが、契約額が100万円を超える場合は収入を証明する書類を提出する必要があります。収入を証明する書類として、源泉徴収票・住民税決定通知書・納税通知書・所得証明書・給与明細書のうちいずれかのコピーを提出します。

提出方法は郵送のほか、メールやFAXでも可能です。
借入れは利用限度額内であれば何度でも借入れが可能で、必要に合わせて利用することができます。ただし、借り入れ可能額が500万円の場合でも、ATMから借入れする場合は1日あたりの借り入れ可能額は合計200万円までとなっているため、利用する際には注意が必要です。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2017 レイクで借りたい!業界人気No.1のカードローンを選ぼう! All Rights Reserved.