借り入れ時の審査基準としてレイクは勤続年数を重視するのか?

私は3年前にヘッドハンティングを受け現在のコンサルティング会社へ転職しました。仕事は充実しており収入も増加したので転職自体に問題はないのですが、部下との付き合いや趣味の古美術品の収集で急なお金の用意が必要となり苦労することがあります。そのため、レイクのカードローンを利用しようかと考えていますが、契約に関する審査で勤続年数が影響するのではないかと小耳に挟みました。

ローンの契約時の審査でレイクは勤続年数を重視しているのでしょうか。どの程度審査に影響しそうでしょうか。

勤続年数も重要ですが、審査の結果は総合的に判断されます

レイクでもローン契約を結ぶ際には利用者の審査が行われます。審査の内容について、レイクは詳しく公表していませんが、ネット上の情報では申込者の信用状況、年齢、家族構成、年収や勤務実態などが審査されるようです。特に安定した収入があるかどうかが重視されるため、職業、勤め先や勤続年数は重要な要素となりそうですが、これらだけでなく信用状況なども含めた総合的な判断で合否が決まると推察されます。

レイクや消費者金融のローンを組む場合申込者は審査を受けるのが普通ですが、申込者にとってはその審査の内容が非常に気にかかるものです。しかし、金融会社では審査の内容ややり方を公表していないので、申込者としては合否に関する自己判断も事前準備も適正に行うことができません。

レイクの場合は自社サイトにお借入れ診断という簡易な自己診断システムがあるのですが、その主な評価項目は年収、他社ローンでの借入額と借入件数となっています。つまり、年収と日常生活で必要な支出ではない他社での借入額を照らし合わせ、その関係から生活するための資金がどのくらい残るのか、そしてどれくらいなら融資できるのか、をシンプルに判定しようとするものといえそうです。

また、ネット上のレイクの審査に関する情報では、申込者の信用状況、年齢、年収、職業、勤務先、勤続年数、家族構成、居住形態や勤務実態などが審査されているようです。つまり、信用面と返済能力の面ついて審査がおこなわれるようですが、特に返済能力に関する項目は多いので重視されていることが覗えます。(こちらもご参考にどうぞ→レイクのカードローン審査を受ける時に必要なもの

このようなことから返済能力にかかわる勤務先や勤続年数は重要度の高い審査項目であると考えられます。勤続年数に関しては、短ければ転職するなどして収入が不安定になる可能性が高まるため一般的な評価としては低くなる可能性があると推察されます。そのため、安易な転職に走ればローンの際の審査では不利になるかもしれません。

ただし、すべての転職が否定的に評価されるとは限らず、例えば、より大きな企業に転職でき収入がアップした、公務員になって収入が安定した、というような場合には逆に評価を高めるかもしれません。また、勤続年数だけで返済能力が評価されるわけでもなく、なんといっても年収の大きさが最も影響するのではないかと考えられますし、信用面の評価も疎かにできない要素です。

つまり、審査は総合的な評価の結果でその合否が下されると考えるのが妥当と思われます。そのため、あまり勤続年数を気にしても意味がないのではないでしょうか。どうしても不安であるなら転職して収入が安定したことや仕事が充実していることを説明して転職が成功したことをアピールしてはどうでしょうか。

【参考ページはこちら】
レイクのカードローンは借りやすい?

レイクで借り入れするときの審査基準である勤続年数

以前と比べて、お金を借りるという事に抵抗のない人が多くなってきています。したがって現在たくさんの銀行や消費者金融会社などの金融機関でお金を借りることができるようになっています。しかしお金を借りるためには、まずは審査に通らなければいけません。

金融機関の中にはレイクと言うところがあります。レイクからお金を借りる場合にも、審査に通らなければいけません。ではレイクでの借入条件はどのようになっているのでしょうか。それは次のような条件を満たしていると言うことが重要になってきます。まずは金融事故がないかということ、
安定した収入があり、またそれが継続しているかどうかと言うこと、勤続年数が短くないかと言うこと、収入の総額が年収の3分の1を超えていないと言うこと、他の所での借入が多くないかと言うことになります。

ここでなぜ勤続年数の確認が行われるのかというと、勤続年数が長い方が審査に有利に働き、それはもし転職をした場合でも、勤続年数が長いと収入が大きく下がるという可能性が低くなるからです。したがって色々な職場を転々としている人は、審査には不利になってしまいます。

レイクでの借り入れの審査基準で最終的に重要視されるのは信用情報です。何か不安や不審に思うところがある人にお金を貸すと言うことはあまりありません。ここではどのようなことが確認されるのかというと、債務整理などの金融事故や、以前にお金を借りたときに延滞や滞納などがなかったかということが調べられます。(こちらも参考になります→レイクはブラックでも融資可能という噂の真偽は

また審査基準として安定した収入とありますが、これはその金額が高い、低いと言うことではないのです。例え低くても安定した収入があればそれで信用されるのです。お金を借りるときには、まずは嘘を言わずに正直に必要書類などに記入をするということが大切です。お金を確実に借りたいからといって嘘の情報を書いてもすぐにわかってしまいます。この嘘によって信用を失ってしまうので、必要事項は正確に記入するようにします。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2017 レイクで借りたい!業界人気No.1のカードローンを選ぼう! All Rights Reserved.