レイクの借入がストップしてしまう理由とは

キャッシングベスト3

レイクの借り入れが上限に達していないのにストップする理由は?

どこにでもいる普通のサラリーマンです。先日まで大丈夫だったレイクでなぜか借り入れが出来ないのです。レイクでは上限額まで借りてるわけではありません。なのに急に借りられなくなりました。何か理由があるんでしょうか。

自身の借入額を見直すと合算で大きな金額になっている可能性あり

銀行や消費者金融で扱っているカードローン。ここ何年かで借り入れに関する決まりなどが変わったり、審査が厳しくなくなったりして、昔よりも気軽に使えるものとして人気を高めているもののひとつだと思います。また、銀行と消費者金融での貸付条件や審査完了の早さなどに大きな違いが見られなくなり、消費者金融でも気にせず借りるというひとが増えています。

そんな状況の中でも、やはり銀行系のカードローンは信頼感がある銀行がやっている融資商品という点と、最近では審査が終わるのが早くなったということもあり、特に人気があります。新生銀行のカードローンであるレイクも人気を集めている銀行系カードローンのひとつ。

レイクの借入額は最大で500万円という大口。金利の面でも初回の借り入れならば一定期間は無金利というプランが用意されているので、上手に使えばお得に返済していけるという嬉しいメリットがあります。銀行系で使いやすいと評判のレイクですが、利用しているひとの中に借入額が上限に達しているわけではないのに利用がストップしてしまった経験があるというひとがいます。

不可解な話ですが、これにはいくつかの理由があります。

ひとつめは、レイクが過払い金に対応するためにお金が必要になり、貸付のお金が用意出来なくなった場合に起こります。そのときにはレイク側は貸し付けるお金が用意出来ないので、借入額をゼロ円にするという対策を取ると言われています。

ふたつめは、自身が多重債務をしている場合に発生します。レイクでの借入金額に問題がなくても他のローン会社で借り入れをしていて、その借入金額がレイクと合わせたときに100万円に達してしまっていたりすると、会社側の処置で借り入れを止めてしまうということがあります。

また、銀行系のカードローンであるレイクでは平成22年に施行された「改正貸金業法」で決められている「年収の3分の1以上の貸付はしてはいけない」というものは適用されません。しかし、他の借入先が消費者金融などの貸金業者であれば、やはりこの決まりが有効になり、借り入れがストップしたりするのです。

ひとつめの場合はレイク側の都合なので、借りた側は対応するのは難しいことですが、多重債務や借入額のオーバーの場合は自身で借入額をきちんと把握していれば避けられる類いの話だと言えます。レイクで借り入れが出来るのにと思っていたら借りることが出来なくなったというひとは借入金額がきちんと把握出来ていない可能性が高いのです。これは自身のお金の流れが分かっていない証拠なので、こういったことをきっかけにして、一度、自身のローン状況を振り返り見直すことが必要です。

気軽に使えるがゆえに、多くを借りすぎてしまうというデメリットもあるカードローンです。しかし、自身の徹底した管理があればそれを防ぐことは十分可能です。お金を借りているという自覚を持って、確実に返済していくことを最優先に考えるよう心掛けましょう。
(⇒レイクカードローンに見られる返済方法の特徴

いきなりのレイク借り入れストップは何故か

レイクを利用してる方でたまに残高があったのにいきなり出金出来なくなったという方を聞きます。では一体、何故、レイク借り入れストップがいきなり起こるのか疑問になりますよね。

それはレイク側で定期的に適性審査をしているからです。適性審査とはこのまま融資をしてても大丈夫かどうかを利用履歴などで判断してます。貸付の限度額があるので借りすぎなどいうことはありませんがしばらく利用してなかったり利用頻度が多すぎたりすると必要があるのかまたは安定した生活ではないのではないかという判断が下されます。その時は、一時的に返済のみの状態になります。

他の理由は、申し込み時よりも属性が下がった場合です。例えば、職場が変わり以前よりも収入が下がった場合や、引越しをしたりした場合、正社員から派遣やアルバイト・パートになったりした場合は一時的に借り入れが出来なくなることがあります。これは、安定した収入かつ生活の証明が出来ないからです。しかし、変更しただけでそうなるわけではなく変更が生じた場合にきちんと申請していて安定した収入かつ生活を送っていることを証明することが大切なので忘れず申し出るようにします。

また限度額アップの案内が来て申請すると同じように再審査され基準に満たない場合は融資ストップなどになりいきなり借り入れストップになることもあります。ただ、レイクに理由を聞いても審査内容が知られてしまうことになるので理由は教えてくれないです。

契約者の年齢が65歳になった場合、レイクの借り入れ対象年齢が20歳から65歳までなので契約が終了することになるので借り入れはできなくなり返済のみになります。

以上のことから借り入れがいきなり出来なくなってもその後、返済をちゃんと続けていればまた借り入れが再開されることもよくあります。なので、しっかり返済していくことが信用を得る1番の方法なので借り入れが出来なくなっても返済を怠らないようにすることが大切です。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2017 レイクで借りたい!業界人気No.1のカードローンを選ぼう! All Rights Reserved.