今では総量規制もあるのでレイクでは?

キャッシングベスト3

今では総量規制もあるのでレイクではどのくらい借りれる?

レイクは今では新生銀行としてノウハウを提供していると聞いていますが、総量規制対象外であればどのくらい借りれるようになっていますか?

総量規制対象外なので正確な金額については不明です

総量規制についてすでに知られていることも多いかと存じますが、簡易的な情報について説明をしながらで回答をさせて頂きます。まず、総量規制がかかっているのであればレイクでは年収の3分の1までしか借りられないはずです。ですが、総量規制対象外となっているレイクではどのくらい借りれるのか・・・については、実際では不明となっていると考えてよいです。

また、レイクについては通常より多い金額でカードローンが出来るようになっていますので、基本的に比較対象があった場合には同じかそれ以上という風に判断をすればよいです。ただ、総量規制対象外であっても上限というのは決まっています。例えば、今回が初回となって契約を結ばれるのであれば、どのくらい借りれるかについては明確にも出来るのです。レイクの場合には50万円以上で100万円未満という金額になりやすいでしょう。(こちらもご参考にどうぞ→レイクで50万円以上借りるのは難しい?

と言うのも、これはレイクだけではなくどこであっても同じだからです。総量規制対象外と言うのは、あくまでも総量規制がかかっていないというだけなので、幾らでもお貸ししますよ・・・という意味ではありません。また、銀行についてはレイクなどの新生銀行であっても、適度な金額まででしか貸さないように決まっています。ただ、初回は借入が少ないだけなので最終的には上限額一杯までで借りられるようにもなっています。

レイクでは総量規制を越えてどのくらい借りれるか?

総量規制とは、個人の借入総額が年収の3分の1までに達すると、新規に借入ができなくなる貸金業法で決められた制限のことをいいます。貸金業法は平成18年の成立以来、これまで段階的に実行されてきましたが、平成22年に完全に施行されました。この法律の背景には、近年急増する多重債務者があります。多重債務者は、あちこちで借金を重ね、最終的には返済不能になるといった社会問題を引き起こしています。

この法律によって、消費者金融などの「貸金業者」からの借入額が制限されるようになったわけですが、銀行はこの規制の対象となりません。貸金業者とはあくまでもお金を貸すことを本業とした、消費者金融やクレジットカード会社に限定されます。

では、テレビコマーシャルでお馴染みのレイクはどうでしょうか。答えは総量規制の「対象外」です。レイクは平成23年に、消費者金融から新生銀行へと転身したため、貸金業法ではなく銀行法によって規定されています。よって規制を受けることなく、借入が可能となっています。

ただし、レイク側も審査はしっかりやるので、借りやすいという意味ではありません。総量規制ギリギリだと消費者金融では門前払いになってしまいますが、レイクではとりあえず審査はやってくれるということです。どのくらい借りれるかについては個人の収入力に左右されますが、信用度が高ければ総量規制を越えての借入が可能です。
(⇒レイクからの信頼度を上げる方法

また総量規制では、借入希望額が50万円以上、あるいは他社を含めた借入総額が100万円以上の場合、源泉徴収票など収入を証明する書類の提出を義務付けています。規制の対象外であるレイクでは、必要ありません。以上のように規制の対象外であることは、年収の3分の1を上限とすることなく借入を可能にしたり、書類の提出なしに借入申込を可能にしたりします。しっかりとした返済計画を立て、最後まで返済義務を果たし、上手に利用することが重要だといえます。

【参考ページはこちら】
年収が200万円の場合、レイクではいくらまで借りられる?

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2017 レイクで借りたい!業界人気No.1のカードローンを選ぼう! All Rights Reserved.