返済でレイクなら端数のお金からでも可能

キャッシングベスト3

返済でレイクなら端数のお金からでも可能だそうですが?

端数のお金で返済をしたいのでレイクを希望しているのですが、そのような使い方であってもレイクではカードローン出来るでしょうか?

今では端数のお金で返済が銀行であれば可能です

基本的に随時返済とされている返済方法が、端数のお金で返済をすることとなります。大事なのは銀行であればそのようなサービスが設けられているという点です。サラリーマン金融については、大小の金融業者がありますので全てで端数のお金に対応しているわけではありません。そもそも、銀行にしてみれば端数のお金については対応するのが難しくもないのです。

カードローンだけでなくマイカーローンであったり、もしくは不動産ローンに対応されておりますので。また、レイクについても端数のお金からで返済できるようになっておりますので、わざわざ「端数のお金からで返済をしたいです」と連絡をいれないでもよいです。それと、端数のお金で返済をする際のメリットですが、基本的にはネットで噂されているようなメリットはありません。

ですが、精神衛生上でリラックスについては出来るようになっています。例えば、31,011円を毎月で返済されるのと3万円ピッタリでは後者のほうが気が楽でしょう。また、後もう少しで返済を終えられるのに来月の返済の約定日を待たないといけない・・・と言うのはストレスが溜まるでしょう。これと同じで、人と言うのは借金については長く保有をしていたくないものです。なので、端数のお金についても対応が出来るようになっているのです。

【参考ページはこちら】
レイクのカードローンはコンビニでも返済できるの?

レイクの端数のお金の残高完済方法について

レイクのキャッシングカードローンの返済方法は、ATM、提携先ATM、銀行振り込み、自動引き落とし、インターネット返済といったさまざまな方法で返済をすることができます。

返済の特徴としては、提携先ATMといって提携している全国の金融機関のATMやコンビニエンスストアのATMでもカードが使えますので、どこにいても近くにコンビニがあれば返済だけでなく融資も受けることができます。他の会社と違うのが、提携先利用手数料が一切かからないことです。他の会社だとこのような提携先ATMを利用すると、提携先利用手数料として利用金額に応じて108円から216円の手数料がかかてしまいます。

これは、返済だけでなく融資で提携先を利用した場合もかかります。毎回提携先で支払いや利用をしていると、1回だけなら気にならないのですが、月1回ずつ融資と返済を繰り返していると216円×月2回の提携先使用×12か月で5184円も年間でかかってしまいます。これだと1回分利息が支払えてしまう金額になります。

しかし、レイクはこの提携先ATMを利用したとしても手数料が一切かかりませんので、手数料をきにすることなく提携先ATMを利用することができます。また、自動引き落としは返済期日に口座から自動で引き落としをしてくれますので返済期日に遅れることはありません。

そして、残高を全額完済する場合ですが、利用できる返済方法とできない返済方法があります。完済に対応している返済方法は、レイクATM返済、銀行振り込み、インターネット返済です。提携先ATMと自動引き落としは、完済に対応していません。それは端数のお金に対応していないからです。提携先ATMは硬貨が使えないATMが多く、残高に端数がある場合は入金できません。自動引き落としも毎月定額の引き落としのため最終回だけ、違う金額の引き落としに対応していません。そのため完済のときは他の返済方法で対応します。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2017 レイクで借りたい!業界人気No.1のカードローンを選ぼう! All Rights Reserved.