レイクの無利息サービスの注意点と利用方法

キャッシングベスト3

レイクの無利息サービスの注意点は何?どのように利用すべきか?

私は生まれてこの方消費者金融からお金を借りたことがないのですが、貸金業界は随分変わってきたようなので少し利用してみようかと思っています。特にレイクのカードローンには一定期間の無利息サービスがあると聞いて興味があるのですが、内容がよくわかりません。

レイクの無利息サービスを利用する場合何か注意することはあるでしょうか。また、どのように利用したら得するのでしょうか。

初契約者限定とサービスの起点が契約日の翌日、の点が要注意です

レイクでは通常の貸付金利の範囲を4.5~18%にするなど、下限金利を業界でもトップクラスの低さに設定していますが、それ以外にも利用者の利便性の向上のため無利息サービスも提供しています。このサービスには、30日間の無利息と5万円までが180日間無利息になるという2つのタイプがありますが、対象者が初めてレイクと契約する人という点、無利息期間の開始が契約日の翌日となる点に注意する必要があります。

180間の無利息サービスは、レイクと初めて契約した人が対象で、利用限度額が1万円~200万円までの範囲となります。ただし、無利息の対象となる借入額が5万円までで、5万円を超える金額に対しては通常の12%~18%の範囲の金利が適用されます。そのため、うっかり借入額のすべてが無利息であると勘違いすると大きな利息負担を負うことになってしまうので注意が必要です。(こちらも参考になります→レイクの無利息サービスは何回借りても利息は無料なの?

既にレイクを利用したことのある人に対してはこのサービスは適用されないので、サービス期間を過ぎてから再度利用しようと思っても適用されないので注意が必要です。ただし、利用対象者なら180日の期間中なら何度でも利用することができるので、少額の借入れを繰り返し行う場合などは大きなメリットがあるのではないでしょうか。

また、200万円を超える借入れの場合は、このタイプのサービスを利用することができない点も理解していた方がいいですね。そして、200万円を超える場合は、もうひとつの30日間の無利息サービスの利用も可能です。なお、180日間を過ぎた場合は、無利息は適用されなくなり、通常の金利である12%~18%の範囲の金利が適用されることになります。

30日間のタイプは、やはり初契約者限定で、利用限度額が1万円~500万円までの範囲となります。30日の無利息期間が過ぎると通常の金利である4.5~18%が適用されることになります。両方のサービスともその効力は契約した翌日からスタートします。例えば、4月1日契約したら、30日間のタイプでは4月2日から5月1日まで、180日間のタイプでは4月2日から9月28日まで有効となります。

サービスの起点を契約日の翌日ではなく、借入れした日などと勘違いしてしまうと想定外の利息を負担することになるので要注意です。こうした無利息サービスを上手く活用すれば少ない利息の支払いでローンを利用でき、またカードローンの利用初心者にとっては絶好の学習期間にもなるので、利用しないのは損といえるのではないでしょうか。

【参考ページはこちら】
借りたい!と思ってしまうレイクカードローンの魅力とは

レイク注意点について、さまざまな角度からのまとめ

銀行系のカードローンでは、とても人気のあるレイクですが、魅力的に思える広告に惑わされて後先考えずに利用するのではなく、きちんとその特徴や注意点なども把握してから計画を立てて利用したいものです。まずよく目にする広告、180日間・無利息サービスというものですが、これはある一定の条件を満たす必要があります。(こちらもご参考に→レイクで一度借りてまた借りれば無利息対象になる?

まず、このサービスが適用になる対象者は初めての借入れである事が前提になります。また、契約額は200万以下である事も条件となり、200万以上の借入れ可能枠設定者には適用されません。そして適用される場合も5万円までの借入れに限定されますので、小額融資、短期完済を予定される方にはありがたいシステムと言えます。ただし5万円以上の借入れに関しては12.0%~18.0%と通常の利息が適用となりますので、注意が必要です。

またレイクでメリットとしてよく挙げられる総量規制外ですが、これも落とし穴がありますので知っておく必要があります。総量規制外では年収の3分の1以上の借入れがある場合でも申込みが可能とされていますが、銀行の融資審査が長引く事があり、すぐには可決されず、翌日以降に審査が持ち越される場合があります。
(⇒レイクのカードローンは即日借り入れができる?

このため、即日融資を希望する場合は、できるだけ平日の早い時間帯に申込み手続きを完了させる等、余裕を持って計画を立てる必要がありそうです。また銀行系のカードローンの年率は10%~14.5%が一般的とされていますが、レイクは上限が18%とかなり高めに設定されているところもレイク注意点として挙げられます。

もう1つ忘れてはいけない注意点として、以前と比べて審査が厳しくなったというところです。以前は他の金融会社で審査が通らなくても、レイクなら借入れができたという話をよく耳にしましたが、銀行の商品というイメージが強くなってからは通りにくくなっているのが現状です。またATM手数料無料というメリットも有名ですが、提携ATMで無料となるのはセブンイレブンに限られるというところもレイク注意点の1つとして覚えておきたいところです。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2017 レイクで借りたい!業界人気No.1のカードローンを選ぼう! All Rights Reserved.