おまとめ以外の総量規制を受けるのか

キャッシングベスト3

レイクはおまとめ目的以外の総量規制の対象となるのか?

私は現在ある消費者金融からの低利で融資を受けているのですが、まだ資金が足りなく困っています。そのため借入れを増額したいのですが、年収の3分の1を超えてしまうので総量規制により借入れできないようです。現在の借入先は低利でサービスもよいので、他社への借り換えやおまとめはできればしたくありません。

レイクは新生銀行が運営していると聞きましたが、レイクでも借り換えやおまとめ目的以外の場合に総量規制の適用を受けるのでしょうか。

レイクは総量規制の適用外!年収の3分の1を超えた融資も可能

消費者金融などの貸金業法の適用を受ける事業者は、利用者に有利となる借り換えやおまとめ目的の場合には総量規制の適用を受けませんが、基本的に利用者の年収の3分の1を超える融資ができないことになっています。しかし、レイクは新生銀行が運営する事業なので総量規制の適用を受けない融資が可能で、返済能力の高い利用者の多様な資金ニーズに対応することもできます。

消費者金融の貸し過ぎによる弊害が社会問題となり総量規制の制度が施行されるようになりました。いくつかの例外事項などがありますが、消費者金融では利用者の年収の3分の1を超える融資ができなくなりました。確かに返済能力が弱い利用者の債務を増大させないためには良い方法なのですが、今後の返済能力の向上が期待できる利用者にとっては足枷となる規制といえるかもしれません。

しかし、利用者に有利となる借り換えやおまとめ目的の場合には貸金業者は総量規制の適用を受けないので、そのおまとめ目的なら別の消費者金融から年収の3分の1を超えた借入れもできるのです。利用者にとっては、借り換えやおまとめで全体の金利が下がり利息の負担が軽減できればより返済しやすくなるので利用するメリットがあります。(こちらもご参考に→金利が低いレイクに借り換える方がいい?

ただ、さまざまなケースがあり、あなたの場合のように現在利用している消費者金融のローンを継続して利用したいという場合には、その会社から総量規制の範囲を超える借入は不可能です。そうした場合に総量規制の適用外となる銀行のローンを利用することができます。

つまり、現在あなたが気に入って利用しているローンを継続しつつ、レイクや他の銀行のローンから別の融資を受けることができるのです。もちろん、債務が増大するので、いくら総量規制外で融資が可能であっても審査で合格するとは限りません。しかし、この事実を知っておかないと借りられるものも借りられなかったという結果になってしまうので、こうした法律や規制のことも最低限学習しておく必要があるのではないでしょうか。

レイクなら総量規制対象外だしおまとめローンも可能なのです

消費者金融業界には、「貸金業法に基づく総量規制」という一種の足枷があります。これは、どんなに利用者や会社が望んでも、その人の年収の3分の1を超える額は融資してはいけない。という規制です。しかし、このルールには1つだけ抜け道が存在します。それは「銀行」です。その意味で「レイク」は他社とは一線を画す会社なのです。

では何故、「レイク」は総量規制の対象外なのでしょうか。それは新生「銀行」のカードローンだからです。また、「銀行」なので複数のキャッシングローンを借り換えて1つにまとめる「おまとめローン」としても利用出来ます。さらに、融資を受けた資金の使途は、事業目的以外なら自由となっています。

そんな「レイク」は多くの利用者に支持されています。では、その理由の一部をご紹介しましょう。まずは、「初めての利用で30日間の無利息期間があること」(返済は一括ですが、分割返済でも30日分は利息が免除されます。)です。次は「とにかくスピーディーであること」(最短即日融資が可能です。)です。さらに、提携ATMを利用すれば借入も返済も手数料無料や、携帯電話で指定口座に振り込んでもらえるのも人気の秘密です。
(⇒レイクの無利息サービスを利用したい方はこちらへ

「レイク」のキャッシングはインターネットからなら24時間365日いつでもどこからでも利用出来ます。また、審査結果お知らせ時間内ならその場ですぐに結果が分かります。しかも必要提出書類である運転免許証などの本人確認書類は、メールかFAXで送信すれば良いという便利さも魅力的です。(契約書類は後日郵送されて来ます。)店頭に行ける方なら、自動契約機の利用で申込から審査、カード発行までたったの40分というスピードを誇っています。

では最後に、そんな「レイク」のキャッシングに関するデータを記載しておきましょう。融資限度額は1~500万円までで、実質年率は4.5~18.0%、申込可能年齢は満20~70才までとなっています。担保や保証人の必要はなく、返済に関しては「残高スライドリボルビング方式」か「元利定額リボルビング方式」から選ぶことが出来ます。

【参考ページはこちら】
レイクは銀行系って聞いたけど銀行系ってどんなカードローン?

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2017 レイクで借りたい!業界人気No.1のカードローンを選ぼう! All Rights Reserved.