レイクはマイカーローンとしても使えます

キャッシングベスト3

レイクでクルマを買うための融資を受ける事は出来ますか?

34才の会社員です。マイカーローンって金利は安いと思って申し込んだんですが審査に落ちました。田舎なので車は必要ですから何とかしたかったのですが、まさか落ちるとは思っていなかったんで、ちょっとショックです。新生銀行レイクのカードローンはどうなんでしょうか?

新生銀行レイクはマイカーローンとしても活用できます

マイカーローンの金利は確かに安いですが、その分審査には通りにくいのが現実です。そう言う場合の為に、カードローンを活用する方法もあります。新生銀行レイクのカードローンは2種類の無利息ローンもありますからどちらかを選べるので、その分実質の利息は安くする事が出来ます。(こちらも参考にどうぞ→レイクの無利息サービスを利用する時の注意点

また100万円を超える限度額の申し込みの場合は収入証明書類をそえて申し込めば、融資対象となります。さらにインターネットで申し込めば手続きは早くて審査結果もインターネット上で確認する事が出来ます。またマイカーローンと比べて、どれくらい金利が違うのかは、返済シュミレーションを使って確認する事も出来ます。

レイクのホームページから返済シュミレーションをやってみましょう。なおカードローンは日割り計算ですから、月極めの分割払いとは異なって、少しでも余裕があれば繰り上げ返済できます。そして、その場合は元金に充当されますから、その分実質金利は下がりますので、その点も考慮してシュミレーションしてみて下さい。そして実際にマイカーの購入が出来る見通しが立つのであれば、レイクのカードローンのご利用も検討して見てください。

【参考ページはこちら】
口コミで広がっている新生銀行レイクの評判

クルマ融資でお金を借りる前に、まずレイクを検討してみませんか

レイクは総量規制対象外であることをご存じですか。なぜならレイクは、大手消費者金融だったものが2011年10月から、新生銀行になったからです。「レイク」は現在では、新生銀行のカードローンのブランド名になってしまっています。

消費者金融での借入れに関わってくる「総量規制」とは、貸金業法の改正により定められたもので、個人の借入総額が、税込年収の3分の1までに制限されるというきまりです。この法律は、多重債務者が問題になった社会背景を受けて、2010年6月18日より施行されました。銀行は、総量規制対象ではありません。

 「クルマ融資」をご存じですか。クルマ融資とは、所有の自動車を担保にして車金融から、融資を受けることです。その仕組みは、名義変更手続きの書類一式を作成して、自己所有の車を担保として預けることで、車金融からお金を借ります。車金融は系列で、中古車屋を営んでいるか、関連業者と提携しています。

クルマ融資というのは、すぐに借りられるとしてそれなりに知名度がありますが、インターネット上の評判が悪いものが多く、闇金融業者ほどではないにしても、怪しげな業者もたくさんあります。いくらお金に困っているといっても、安心して借りられない場所というのは頼らない方が賢明です。

そこで、安心して借りるなら、銀行カードローンをおすすめします。カードローンは、クルマ融資と違って担保が不要で借りることができます。さらに、一度借りられるようになると、カードが有効なら何度でも借りることができるので、借入してきちんと返済しておけば、困った時にいつでも再利用ができます。
(⇒新生銀行レイクカードローンの評判が知りたい方はこちらへ

このように、普段の生活で使う融資であれば、無担保でなおかつ信用できる場所から借りられる方法をおすすめします。それがレイクです。今あなたが総量規制ギリギリだったとしても、前述しましたようにレイクは、銀行法を基準にしているので、総量規制は対象外で関係ありません。そういった意味で、一度審査を受けてみてはいかがでしょうか。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2017 レイクで借りたい!業界人気No.1のカードローンを選ぼう! All Rights Reserved.