プロミスのキャッシングの金利を下げるには

キャッシングベスト3

プロミスのキャッシングの金利ってどうしたら下がるの?

プロミスで20万円ほどの借り入れがあります。金利は17.8%です。広告で金利が「4.5%から17.8%」とあったので、もっと低く借りられると思ったのですが、借りてからずっと一番高い金利のままです。この金利は下がったりしないのでしょうか? また他の会社でも同じように金利に幅を設けて書いていますが、他へ行けばもっと低く借りられたのでしょうか?

信用が上がれば金利が下がる可能性があります

金利に幅があるので、まさか一番高い金利ではないだろう、と思われたのですね。残念ですが、初めての借り入れでは最大金利であることが普通です。プロミスだけでなく他の消費者金融でも銀行でも同じです。金利の上限は法律で決まっています。借り入れ額が100万円未満なら18%、100万円以上だと15%です。消費者金融ならだいたいこの上限金利で貸すのではないでしょうか。銀行ですと、100万円未満の利用でも15%くらいが多くなります。

金利を下げるには、ご自身の信用を高めるしかないと思います。借りたお金を順調に返済することです。滞納があってはいけませんし、また返している途中で追加融資を受けるのもよくありません。順調に借入残高が減っていけば信用が上がって、向こうから限度額の増額や金利の引き下げを提案してくると思いますよ。

金利の引き下げはサービスのようなものです。こちらから期待するのは難しいでしょう。一つ慰めを言うなら、他の消費者金融では18%めいっぱい取るのに対して、プロミスでは17.8%と、わずかながら低金利です。頑張って返済を続けてください。

SMBCとなったプロミスのキャッシングは、金利も変わったのですか

2010年6月に改正賃金業法が完全執行され、総量規制が開始されたことはみなさんご存じだと思います。それと同じく上限金利も29.2%だったものを20%まで引き下げられましたね。この時期からプロミスの金利は変わっています。変えざるを得なくなったのです。総量規制の翌々年の2012年にプロミスは三井住友ファイナンシャルグループの完全子会社となり、SMBCコンシューマファイナンスとなります。ここで現在の金利が決定的となっています。

ですから、三井住友ファイナンシャルグループの完全子会社となる前のプロミスと、現在SMBCコンシューマーファイナンスとなったプロミスでは金利は変わりました。以前のプロミスで借入をしていた消費者の方は、金利が下がったことにお気づきでしょう。現在の消費者金融は、銀行より高金利でも、以前のグレーゾーン金利があった頃に比べると安心して融資が受けられる存在になりました。常識の範囲内での営業活動にホッとしたのもつかの間、一部の国会議員が出資法上限金利を約30%への引き上げおよび総量規制の撤廃を主張していることが気になりますが、現在はまだ大丈夫です。

現在のプロミスの実質年利は4.8%~18.0%で、大手消費者金融の中では一般的な範囲です。消費者金融は、以前の華々しいCMから紆余曲折を経て、現在は品のある女優や清潔感のあるタレントをCMに起用し、消費者に認められる大手企業としての地位を確立したい狙いがあります。ですから、以前よりもまして安心して借入ができるということです。ちなみに『プロミス』はブランド名として残っているだけでロゴデザインは『PROMISE』に改められています。消費者金融業界は大きな波にのまれては浮き上がりを繰り返しているようですが、、消費者からみれば今が一番安定しているかもしれませんね。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2017 レイクで借りたい!業界人気No.1のカードローンを選ぼう! All Rights Reserved.