レイクの定める基準を満たしていない時です

キャッシングベスト3

レイクで断られるとしたらどういう場合などが考えられますか?

新生銀行レイクは銀行系のカードローンの中では借りやすいという話を聞きました。でも、仮審査も本審査もあるし銀行系だから審査もそんなに緩いとは思えません。でも、もし仮にレイクにカードローンを申込んで断られるとしたらどういう場合などが考えられますか?ちなみに僕は25歳の会社員で、これまでカードローンを利用した事はありません。

申し込み基準と審査基準をクリアできなかった場合です

審査に落ちた理由ではっきりと解るのは、申し込み基準を満たしていない場合です。年齢、無職で収入がないなどの場合です。それと審査基準を満たしていない場合がそうです。ただし、審査基準の場合はカード会社毎に独自の審査基準があって、審査結果は公表されませんので大きな問題がある場合に当然審査には通らないという項目だけは解ります。

それは、他社からの借り入れがあって、しかも借り入れしている会社の数が多く、借入金額が大きいほど審査に通りにくくなります。次に、過去に延滞などがある場合、その程度がひどいと審査に通る事が出来ません。それに故意に嘘の申告をしたと判断された場合です。

例えば年収とか、勤務年数、他社からの借入に嘘があった場合、審査に通りにくくなるでしょう。(こちらもご参考に→勤続年数はカードローン審査で重視される?)それを言葉でまとめると、返済能力がない。あるいは返済する気持ちがない。そして借金を返済する事に対して信用できない人と判断されたら申し込んでも断られますね。

それと付け加えれば、消費者金融の場合ですと年収の3分の1を超える場合は、自動的にアウトです。でも、銀行系は対象外と言っても総量規制は一つの目安にはなりますから、出来る事なら年収の3分の1以内が審査に有利に働くことは間違いないでしょう。

申し込みの際にレイクで断られる可能性のある主な理由

急にお金が必要になったときなどは、消費者金融を利用するという方法があります。家族や友人からお金を借りるのも申し訳ないですし、余計な心配もかけたくありません。しかし消費者金融ならば誰かに知れることもなく簡単に申し込みができて、借り入れや返済方法も手間がかかることもないので大変便利なサービスとなっています。

中でも人気の高いレイクは、パソコンに限らず外出先でのスマートフォンからでも申し込みを受け付けており、申し込んだその日のうちに借り入れをすることが可能となっています。早速レイクのサービスを利用してみたいところですが、申し込みの際に審査が行われます。審査とは申し込む人の職業や年収、過去に返済を滞納していないかなどが調べられ、問題がなければ審査に通りサービスを利用できるのです。
(⇒レイクのカードローンって本当に安全?

まず審査に通らなければいけないのですが、審査に通らないといったレイクで断られるケースとはどんなことがあるのでしょうか。1番に挙げられるのが、申し込む人が無職であることです。これは、返済できる能力がないとみなされます。専業主婦の人でも配偶者に安定した収入があれば問題ありませんが、その配偶者が失業していればやはりレイクで断られる可能性が高くなります。

次に、過去に返済の滞納履歴がある人です。滞納期間が長かったり、何回も滞納を繰り返している人はブラックリストとして登録されることになります。その情報は業者間で出回ることになるので、すぐにわかります。また複数の消費者金融を利用している人も、確実に返済していくことが心配されるのでレイクで断られる理由になりかねません。申し込み内容での年齢や職業などに嘘がある人も、信用性が問われてしまいます。勤務先などで在籍確認が取れない人や、勤続年数が1年未満である人もレイクで断られる対象として考えられます。

そして基本的なこととして、申し込む人の年齢が借り入れ対象年齢として20歳以上の成人であることも知っておかなければいけません。総合的に見て返済していくことに問題が生じることなく、安定している人が審査に通りやすい人となるので、これらのことをふまえて申し込みをしていくとが大切です。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2017 レイクで借りたい!業界人気No.1のカードローンを選ぼう! All Rights Reserved.