年金生活者でもキャッシングできる?

キャッシングベスト3

レイクの借り入れに年齢制限は?年金世代でも借りられますか

自分のことではなく、両親の件で質問させて頂きます。御不明な点があったらすみません。両親は年金世代なのですが、数年間の未納期間があったため、充分とは言えない年金で生活しています。自営業だったので厚生年金もありません。独自の年金保険に入っていなかったことを悔やみますね。

両親に多少の貯金はありますし、父もまだ若い方ですので、ビルのメンテナンスのアルバイトをしています。私(長男です)も来年には職位が上がって給料もよくなるため、その辺りからなら援助ができます。ですが現在、父の給料と少ない年金と貯金を切り崩す生活をしています。私としてはすぐにでも援助したいし、できれば貯金を崩さないでいて欲しいのですが、来年まではどうにもなりません。

苦肉の策として、両親はキャッシングを考えているようです。家計を計算したところ、返済に困らない程度の金額を借りれば、来年まで何とか貯金を使わずに生活できることが分かりました。しかし年金世代でも借りられるのだろうか?と不安がっています。私にも知識がないので何とも答えられません。アドバイスをお願い致します。

レイクは年金世代でも申込OK!70歳まで審査対象!

自営業の方の年金問題、あまり知られてはいませんが、確かに結構な数の話を聞いています。昔は今よりも年金への意識や周知が違ったので、仕方ないと言えば仕方ないのかもしれませんが……しかしあなたのように、真面目に考えてくれる息子さんがいて、ご両親は嬉しいと思いますよ。私も親孝行を改めて考えちゃいます。

レイクの申し込みには確かに年齢制限があります。公式のホームページにも書かれていますので、後で確認して頂きたいのですが、20歳から70歳までの人は申し込み可能になっています。年金世代でも大丈夫、ということですね。お父様の年齢が分かりませんが、アルバイトで、しかも体力も必要なビルメンテナンスのお仕事でしたら、まだまだお若いとお見受けします。

来年になればあなたの援助が可能になるのでしたら、やはりそれまでは(返済が確実に可能ということですので)キャッシングで家計をまかなって、貯金には手を付けない方が良いかと思います。こう言っては失礼なのですが、やはり高齢になってくると、キャッシングの審査には通りにくくなっていきます。いざと言う時に借りられないことも考えられますので、貯金は虎の子として取っておきましょう。

高齢者の審査が通りにくくなっていく理由としては2つあります。1つは、単純に「年収が低いと思われがちなこと」。年金世代になると、現役時代に比べてぐっと収入が落ちる人が多いのです。先々の返済を考えると、貸すことをためらってしまうのも分からなくはありません。

もう1つは、現実問題として寿命のことがあります。若い世代に比べて様々な疾患を持っていたり、単純に先のことを考えると……という一面を直視せざるを得ません。負債は遺産に含まれるのですが、相続者が相続放棄をした場合、負債はチャラになります。貸す側としては貸し倒れですので、やはり用心してしまうのです。

しかしお父様は、年金世代でもアルバイトで収入がある=安定した収入がある、と見なされますので、キャッシングの申し込みで有利に評価される可能性が高いと思われます。申し込みの書類の記入など、あなたがサポートしてあげながら、ミスのないように準備して下さい。(こちらもご参考にどうぞ→年金受給者でもレイクのカードローンなら利用できる?

来年と言うと長くても一年です。一年なんてすぐ経っちゃいますから、それまで家族皆さんで乗り切って下さいね!そうそう、レイクなら金利無料期間の活用もお忘れなく!

レイクの年齢制限はカードローン会社の中でダントツにゆるいです

多くのカードローン会社が、その商品詳細の中で利用申し込みできる人の条件を明示しています。ただし、それほど厳しい条件が要求されているわけではありません。ほとんどの会社が年齢要件と収入要件の2つのみを定めています。つまり、その会社が定めている年齢制限の範囲内に入っていて、継続して安定的な収入を得ているという条件さえ満たしていれば利用申し込みできるようになっていますので、実際には門戸がかなり大きく開かれていると言うことができます。

ごく稀に年収制限を定めているカードローンもありますが、ほとんどの会社は安定的な収入を得ていることしか求めていませんので、正社員ではなくても大丈夫です。特にレイクの場合には、年金収入も安定的な収入とみなされるようになっていますので、年金収入しか得ていない無職の人であってもカードローンの申し込みをすることが可能です。

また、年齢制限の点ですが、下限年齢はほとんどの会社が満20歳としています。なぜかと言いますと、未成年者は法律上制限行為能力者ということになりますので、単独で有効な法律行為を行うことができません。つまり、法定代理人の同意がないとカードローン契約を結ぶことができないことになっていますので、満20歳に達した成人であることが最低限求められるようになっています。

問題になるのは上限年齢の方です。認知症などになって判断能力を失ってしまっていない限り、100歳であっても法的な行為能力は有しています。ただし、そうは言っても高齢になれば、収入を得る道が限られてしまいますし、死亡リスクも高くなります。簡単に言うと、お金を借りても、返済が難しくなってしまうのが事実です。そのため、多くのカードローン会社が上限年齢を満60歳もしくは満65歳程度にしています。

そのような状況の中、レイクだけは満70歳の方の利用申し込みを可能としています。カードローン会社はたくさんありますが、70歳になっても利用申し込みできるようになっているのは、レイクくらいなものです。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2017 レイクで借りたい!業界人気No.1のカードローンを選ぼう! All Rights Reserved.