レイクからの確認電話での問題と解決策とは

キャッシングベスト3

レイクからの確認の電話で問題になることは何?解決策はあるの?

私は30歳の総合商社に勤めるサラリーマンですが、ギャンブルにはまってしまい生活費がほとんどないない状態で困り果てています。今まで消費者金融などから借金をしたことはないのですが、銀行が運営しているレイクのカードローンを利用しようかと考えています。ただ、申込時には会社や自宅に確認の電話があると聞き少し不安です。

レイクからの確認の電話がかけられるとどのような問題が起こるでしょうか。また、問題が起こった場合の解決策はあるでしょうか。

確認電話の内容次第ではローンの利用が会社にばれる恐れがあり!

レイクでも他のローン会社と同様、カードローンの利用を申し込まれた時には審査を実施し通常電話で本人確認を行うようです。普通はレイク名や会社名を使用せず、担当者の名前で勤務先に電話連絡するようですが、もし会社名やローンの内容などを話されたりすると、会社にローンの利用が知られる可能性も出てきます。そのため、予めどのように電話するのかを確認し、かけ方などを相談しておくべきです。(こちらもご参考にどうぞ→レイクの場合、在籍確認のタイミングはいつ頃?

レイクをはじめとした貸金事業者はローンの契約を結ぶ時には申込者の審査を行うのが通例で、その流れの中で何らかの方法で本人の確認をとります。方法としては電話連絡が一般的で、社会人の場合は勤務先に行う事例がネット上の情報で多く確認されています。

ローン会社が利用者の勤め先に電話連絡する場合、会社名やレイクなどのブランド名などを出さず個人名を使用するのが通例となっていますが、社外のものにはどのようなルールで行われているかわかりません。また、会社名などを使用しない規則があっても必ず守られるとは限りません。

もし、会社名やローンのブランド名がミスでうっかり出されたり、利用者に電話がつながった後にローンの内容などの話をされたりすると、上司や同僚にローンの利用がばれてしまうかもしれません。保守的な会社では社員のローン会社からの借入れに対して悪い印象をもち社員の評価に影響を与えることもあるので、ローン会社からの電話連絡は特に取り扱いを注意しておくほうが賢明といえるでしょう。

もしレイクにローンの利用を申し込み、本人確認の影響を心配するのであれば、予めどのように行われるか確認しておくべきです。そして、個人名の使用の徹底や細かいローンの内容などを会社への電話確認で行わないよう相談しておくのがよいでしょう。レイクならそういった相談に応じ、納得のいく方法を提案してくれるのではないでしょうか。

【参考ページはこちら】
レイクの在籍確認はどれくらい時間がかかるの?

レイクで借入れるときの確認の電話についてです

消費者金融機関が顧客と連絡を取る手段は、電話や郵便がほとんどです。 以前までは、カード会社にとって固定電話は契約必須条件となっていました。 それは、固定電話回線は電話加入権が必要であったり、設置する住所地が必要であったりと条件が揃っている人のみが持てるものだったからです。

しかし、最近では固定電話を持たないケースも増えてきたため、これまで必須条件としていた固定電話回線の有無を「携帯電話でもOK」とするようになってきました。 固定電話の回線名義の裏付けは、NTTの104番号案内を使用しています。 ここで番号案内されれば、名義は申込者のものであると確認されます。

もし非公開で登録していても、「お客様の申し出により番号案内をしておりません」とのアナウンスが返ってくるため、その住所にその人の名義で確かに固定電話は存在するとみなせたということで、消費者金融機関は「確認できた」判断することになります。 もし、「そのお名前ではご登録はありません」とアナウンスされた場合は、レンタルや名義があやふやな電話で本人名義では無いと消費者金融機関は判断するため、かなり評価基準は下がります。

固定電話と携帯電話を持っている場合が評価が一番高くなりますが、携帯電話しか持ってないという場合は、名義確認の裏付けを取る手段が無いため、最も評点が低くなります。

新生銀行カードローンのレイクで借入れをした場合は、確認の電話が申込後に自宅や勤務先にかけられます。 これは申込時に記入した内容が正しいかどうかを確認する電話は社名は出さずに個人名でかけてくれるようです。 これなら勤務先の人に借入れをしたことを知られずにすみ、安心です。

申込みの際にはパソコンや携帯電話を利用してインターネットで契約の手続きをすれば、店舗まで行く必要がなく、レイクではそのまま直接申込者の銀行口座に振り込まれる仕組みになっていますので、家族にも知られることはありません。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2017 レイクで借りたい!業界人気No.1のカードローンを選ぼう! All Rights Reserved.