増枠の時に在確電話に出られないかも?

キャッシングベスト3

レイクは増枠する時も在籍確認ありますか?誰もいないかも

キャッシングをレイクで始めて3年経ちました。返済に遅れたこともなく、大きな金額をキャッシングすることはないものの、顧客としては問題ないと思ってます。元々、レイクがキャッシング初めてだったので、使い過ぎないように限度額を低く設定したのも良かったんじゃないかなと思います。

今は返済への自信もついたし、これからも何かと使うことがあるので、思い切って限度額の増枠を申し込んでみることにしました。(返済が大前提ですが)使えるお金が増えることは純粋に助かります。ホームページに増枠の申請欄があったので、そちらから申し込んでみます。

ふと思ったんですが、契約の時に在籍確認がありました。増枠の時もあるんでしょうか?調べてみたところ、あると言う人もいるし、ないと言う人もいて、よく分かりません。在籍確認は構わないんですが、会社に誰もいない時間があって、その時に電話が来たら確認ができずに審査に通らないかもしれないな、と…。そういう時、どうすればいいんでしょう?

できれば電話は転送に、無理なら書類確認にしましょう!

キャッシング成長物語、と言っても良いほど理想的な使い方をしていますね。誰でもできそうですが、実は中々難しい利用法です。長くキャッシングをしていると、皆さんどこかでつい気を抜いてミスをしてしまいがちなのですが、あなたの場合はパーフェクトとしか言い様がありません。

限度額の増枠も、この分なら(常識的な増枠であれば)問題ないと思います。むしろレイク側としても、増枠して、もっと良いお付き合いをしたいと思えているかもしれませんね。ホームページからももちろん増枠申請ができますので、記入漏れや誤記入だけには気を付けて申し込みをして下さい。
(⇒レイクはネットからでもカードローンの増額申請ができるってホント?

契約の時の在籍確認、増枠の申請の際にももちろん行われます。この時に確認するのは、初めて契約した時と個人情報が変わっていないか(変わっている項目があったら増枠申請の前に変更手続きをしておいて下さい)、安定した返済ができるように職場に在籍しているか、ということです。

職場が変わっていなければ在籍確認の電話はない、という説もありますが、基本的には必ず確認が行われます。あると思っていた方が無難でしょう。内容は初めての契約の時と変わらず、個人名で電話をかけてきて、あなたがいるかどうかを確認するだけです。

しかし職場に誰もいないとその電話も困りますね。電話が繋がらないと、会社自体の存在が疑われるケースもあります。そんな時には可能であれば、電話をあなたの携帯電話に転送する設定にしておきましょう。加えて、電話をしてくる時間を先に指定しておけば対応しやすいですよね。

しかしそれもできないという場合は、申し込みの時に事情を説明し、「電話以外での確認を頼みたい」と言っておく必要があります。電話以外の確認方法もないわけではありませんので、レイク側が納得してくれれば対応してくれます。大抵は身分証にプラスして、在籍の証明となる書類(社員証、給与明細など)の提出が求められることになるはずです。

忙しい中、そういった書類を揃えるのは大変かもしれませんが、お金でのビジネスは信用のやり取りとも言えます。個人の情報を信用してもらえない限り、ビジネスの成立は難しいですよね。面倒とは思いますが、少し時間を取って頑張ってみて下さい。

考えてみると、これでキャッシングのシステムに対する経験がまた増えることになりますね。キャッシング成長物語の一環として、ちょっと楽しんじゃおう、くらいの気持ちでどうぞ!

在籍確認などの審査を受けずに増枠できるかどうかがわかるレイク

レイクは総量規制対象外の金融機関ですから、年収の3分の1以上の金額をキャッシングで借り入れすることが可能です。たとえば年収が300万円の人の場合は、100万円以上の借り入れができるわけです。(こちらも参考になります→レイクではおまとめ目的以外でも総量規制の対象外になる?

しかし最初からそれだけの大金を貸してもらえるわけではありません。最初は50万円以下の比較的小額の借り入れとなる場合がほとんどです。なぜならキャッシングをし始めたばかりの頃は、まだレイクからの信用をそれほど得ていない状態だからです。

キャッシングは信用が第一です。この人であれば貸したお金を確実に返してくれるという信用を得ることができて初めて、借り入れが可能となるのです。金融機関に限らず、誰だって付き合いが浅い人を最初から深く信用することはありません。接触を持ちながら、徐々に関係を深めていくのです。

ですから金融機関でも、キャッシングを繰り返しおこなって、その都度利息をつけてしっかり返済しているうちに、徐々に信用されるようになっていきます。そうなると、キャッシングの借り入れ金額の増枠が認められるようになります。

一般的には増枠は、金融機関に申し込みをして、再び審査を受けて合格する必要があります。初回の申し込み時と同じく、申し込み用紙に住所氏名や勤務先や年収を記入して提出し、さらに在籍確認などをされることになります。審査に通れるかどうかは、受けてみるまでわかりません。

しかしレイクでは、増枠が可能かどうかを、審査を受けることなく知ることができます。インターネットの会員ページに載っているからです。会員ページで増枠可能となっていれば、かなりの確率で審査に合格できます。もしも不可となっていれば、審査を受けても落とされてしまう可能性が高いです。とてもわかりやすいですし、期待して審査を受けても結局ダメだったという結果になりにくいため、おすすめです。

しかもレイクは、先述したように総量規制の対象外となっています。借り入れや返済をまめにおこなっているうちに、どんどん信用してもらえるようになり、やがては年収の3分の1を超える大金を借り入れできるようになるのです。借り入れ金額の多さも、増枠ができるかどうかがわかりやすい点も、大きな長所です。できるだけ大きなお金を借り入れできるようになりたい場合は、レイクを選びましょう。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2017 レイクで借りたい!業界人気No.1のカードローンを選ぼう! All Rights Reserved.