増額でもレイクでは在籍確認があるのでしょうか?

追加融資を受けられる場合についてですが、レイクでは増額の際の在籍確認についてはどのようになっているのでしょうか?

増額の際の在籍確認はありとなっています

今では公式サイト上でも注意を促していたりしますが、レイクでは増額の際の在籍確認はありとなっています。また、これはレイクだけではなく銀行やサラリーマン金融では同じとなっておりますので、追加融資される際には在籍確認が発生するようになっているのです。というのも、人によっては増額融資されるまでに数年以上経過している人もおられるからです。

そのようなケースでは、勤務先についても変更となっている可能性があるので、本人様の現況をチェックする名目で在籍確認が行われるようになっているわけです。ただ、金額や業者によってはなしというケースもあります。これがあるのは、主にサラリーマン金融となっておりますので、新生銀行レイクのような銀行では増額融資の際に在籍確認がされると思っておいたほうがよいでしょう。(こちらも参考になります→在籍確認の電話があるのはレイクだけ?

次に、在籍確認についてですが簡易的なものとなっています。例えば、最初の在籍確認については実際に仕事をされているところに電話が入ってきますが、今回のようなケースでは同じ勤務先で働かれているようであれば電話についても終了となります。また、時間を指定して電話をかけてもらうというのも可能になっているので、勤務時間が変わった際には連絡をしておくようにするのも大事です。

レイク増額の際の在籍確認も利用者配慮が行き届いています

レイクを利用している人が現在の利用限度額を増額して欲しいと考えている場合には、コールセンターに電話を入れて増額申請をするのが一番手っ取り早い方法です。これはレイクに限らずどこのカードローン会社でも同じですが、利用限度額の増額を申し込んだ場合には、契約時とほとんど同じ内容の審査がされることになっています。したがって、当然のことながら職場への在籍確認の電話も入ることになります。

人によっては、契約した後で転職して勤務先が変わっているという人もいるはずです。転職後に給与水準が下がってしまうというケースが少なくありませんので、審査に不利になると考えてカードローン会社に転職の事実を伝えないでおくという人もいます。しかし、その状態で旧勤務先に在籍確認をされてしまうと、かえって面倒なことになってしまいます。退職した会社に電話を入れられた場合、「退職しました」という回答がなされるだけになりますので、当然のことながら審査に通ることができません。ですから、たとえ給料が下がっていたとしても、勤務先が変更しているような場合には正直に申告しておくことが大切です。

レイクの場合、インターネットの口コミサイトなどを見ると、増額申請時には在籍確認が行われなかったという口コミを見かけることが多いです。しかし、実際にはほぼ100%の確率で職場へ電話が入れられています。それなのになぜ在籍確認がなかったという口コミが多くなっているのかというと、誰にもそれと気がつかれないくらい自然な電話で確認が行われているためなのです。

明らかに不自然な電話がかかってきたりすれば職場で噂になってしまいますので、本人の留守中にかかってきた電話であったとしても、耳に入るはずです。でも、職場の誰も気に止めないような自然な電話がかかってくるだけなので、全く人の口にのぼりません。そのため、そのような電話は一切かかってこなかったという口コミが多くなっていると考えられます。つまり、レイクの在籍確認はとても配慮が行き届いたものになっていますので、何も心配する必要がありません。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2017 レイクで借りたい!業界人気No.1のカードローンを選ぼう! All Rights Reserved.